ここから本文です。

カテゴリ:フィクションズ

エトランゼのすべて

『エトランゼのすべて』森田季節 Illustration/庭 | 充実した大学生活に憧れ、京都大学に入学した針塚圭介は、「京都観察会」なる怪しげなサークルでミステリアスな美女“会長”と出会う。「ちょっとした魔法ですよ」──そう言いながら淡々と圭介の個人情報を言い当てていく“会長”。彼女は一体何者なのか。その美貌と微笑みの裏には、思いもかけない秘密があった……。注目の新鋭・森田季節が贈る、とびきりの青春小説。泣いても笑っても、この一年は一度だけ。ようこそ、京都へ──。

New 2011年11月01日(火) 掲載開始!

第六話 休暇の終わり

第六話、第五話を会員限定で公開中

掲載期間
2011/10/25(火)〜

出版情報

バックナンバー

この作品の情熱的なレビューが読める! [さやわかの星海社レビュアー騎士団]

あらすじ

充実した大学生活に憧れ、京都大学に入学した針塚圭介は、「京都観察会」なる怪しげなサークルでミステリアスな美女“会長”と出会う。

「ちょっとした魔法ですよ」──そう言いながら淡々と圭介の個人情報を言い当てていく“会長”。彼女は一体何者なのか。その美貌と微笑みの裏には、思いもかけない秘密があった……。

作者紹介

著者 森田季節

1984年生まれ。作家。京都大学卒業。2008年、『ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート』(MF文庫J)で鮮烈なデビューを飾る。以降、ライトノベル・文芸・SFと多くのフィールドで活躍。現在最も注目される若手作家の一人である。

Illustration

イラストレーター。イラストを手がけた主な作品に『空色パンデミック』(ファミ通文庫)、『二年四組交換日記』(スーパーダッシュ文庫)などがある。しなやかさと暖かさを併せ持つ、独特のタッチで読者を魅了している。



本文はここまでです。