編集部より

編集部

太田克史

未来の出版という星の海をどこまでも駆け抜けていくぜ! 
俺が…俺たちが星海社だ!!

太田克史

72年生まれ。95年講談社入社。講談社ノベルスを刊行する文芸図書第三出版部などを経て、闘うイラストーリー・ノベルスマガジン『ファウスト』創刊編集長、講談社BOX初代部長に就任。11年、星海社副社長COOに就任。文三時代には有栖川有栖、法月綸太郎、我孫子武丸、京極夏彦ら新本格ミステリ作家を中心に担当し、その後、上遠野浩平、舞城王太郎、佐藤友哉、西尾維新、奈須きのこ、竜騎士07などの若手小説家を担当する。

平林緑萌

雑誌、小説、ノンフィクション……出版界のマルチプレイヤー

平林緑萌

星海社エディター。1982年奈良県生まれ。
立命館大学大学院文学研究科博士前期課程修了。書店勤務・版元営業を経て編集者に。2010年、星海社に合流。歴史と古典に学ぶ保守派。趣味は釣りと料理。忙しいと釣りに行けないので、深夜に寂しく包丁を研いでいる。

岡村邦寛

不動産業界からまさかの転身
土地も原稿も取りまとめる地上げエディター

岡村邦寛

1984年生まれ。山梨県出身。関西学院大学文学部卒業後、森ビル株式会社に入社。3年間不動産取引に従事する。2011年4月、星海社に転職。尊敬する人物は武田信玄とビスマルク。

林佑実子

編集部紅一点 浪速のじゃりン子エディター

林佑実子

89年、平成元年生まれ。大阪出身。龍谷大学在学中に社会学部学会に参加、ジャーナル誌の編集やイベントを運営する。既存の概念を打ち破る星海社の挑戦的な姿勢に憧れ2013年1月、星海社に合流。編集部で紅一点。読者様を“こちら側”に巻き込むような作品を世に送り出します。

石川詩悠

ゴールの次は出版の未来を守ります

石川詩悠

1991年静岡県静岡市生まれ。小中高とサッカー漬け、ポジションはゴールキーパー一筋。物心つかない頃からの熱狂的清水エスパルスサポーター。早稲田大学文化構想学部文芸・ジャーナリズム論系卒業。大学で文芸批評などを勉強しつつ、ミニコミ誌『BLACK PAST』に参加する。何者にもなれなさそうなまま大学卒業を控えるタイミングで星海社の募集を知り、副社長の「20人の優れた編集者で世界は変わる」宣言に心揺さぶられて2015年3月より合流。

今井雄紀

リクルートから出版界にダイブ!
みんな友達リア充エディター

今井雄紀

86年生まれ(早生まれ)。滋賀生まれ滋賀育ち。大学では、京都でロックのイベントをしつつ、マネジメントについて割りとまじめに勉強。就職を機に上京し、新卒でリクルートメディアコミュニケーションに入社。営業→ディレクターを経験した。「Webと紙の書籍、イベントを組み合わせた新しい出版事業をつくる」という志に共感し、2012年5月、星海社に合流。尊敬する人物は、小谷正一。

築地教介

印刷営業から戦う出版社へ ライブ狂いのアクティブ広報

築地教介

星海社広報担当。1977年11月17日生まれ、O型。東京都八王子市出身。立教大学社会学部産業関係学科を卒業後、凸版印刷株式会社に入社。凸版印刷へ入社以来13年間、出版社を得意先とする営業を経験。数多くの編集者に刺激を受ける。出版というフィールドで躍動する夢を実現させるため、ミニマムな組織で大胆に戦う星海社に、2014年4月、合流。音と映像をこよなく愛し、インディーズ、メジャーを問わず、全国のライブハウスを今も駆け巡る。好きな言葉は「疾風勁草」。

丸茂智晴

根は体育会系、無鉄砲で直情径行 星海社の鉄砲玉を目指します!

丸茂智晴

星海社アシスタントエディター。1994年生まれ、長野県岡谷市出身。三度の飯より読書が好きという、いかにも文系な嗜好だが、高校までは理系、根は体育会系。文芸誌『ファウスト』に触発され、編集者になろうと志し、早稲田大学文化構想学部文芸・ジャーナリズム論系に進学。文芸批評を学びつつ、文芸誌『早稲田文学』編集部にて学生編集員として勤務する。文学を勉強し、文芸誌編集を手伝い、書店と雑誌編集部でバイトする本まみれの日々を送った。大学卒業を控えた2017年1月より、星海社に合流。

櫻井理沙

知らないことこそ面白い。プロの素人エディター。

櫻井理沙

アシスタントエディター。1987年生まれ、群馬県出身。高卒でアパレル企業に入社するも大学進学を諦められず24歳でお茶の水女子大学に入学。西洋史学を専攻する。その後、東京大学大学院へ進学。演劇と装飾写本を愛するロマンティスト。