ここから本文です。

カテゴリ: 編集部より

記事カテゴリ:夜の最前線

『ダンガンロンパ/ゼロ(下)』&『iKILL2.0』絶賛発売中!!

たまにブログの更新が止まると方々から「山中先生死んだんですか?」と言われ、いたたまれない気持ちになりますが、生きてます。ご心配をおかけしました舌打ちはやめてください

 

というわけで『ダンガンロンパ/ゼロ(下)』『iKILL2.0』ついに発売されました!!

早速シリーズで並べた一枚を。

 

_A162489.jpg

 

どっちも本当にカッコイイ!

偶然ではありますが、白背景と黒背景でコントラストもあって、並べてみるとそれぞれがより際立ちますね。

 

『ダンガンロンパ/ゼロ』だけだとこんな感じ。

 

_A162493.jpg

 

上下巻構成ですし、この状態で平台に置いて下さっている書店さんも多いかもしれません。

ちなみに上巻もそうなのですが下巻もペラ読み厳禁ですよ!!!

小松崎類さんのカラーイラスト、全部が全部いいシーンで構成されていますが、とにかく核心満載という危険なイラストたちです。前から順番にお楽しみ下さい!

 

つづいてこちらは『iKILL』と『iKILL2.0』。

 

_A162497.jpg

 

前回は蛍光ピンクを使用しましたが、今回は蛍光グリーン。ざいんさん独特の色使いと蛍光カラーは抜群にマッチしますね。

ところで前回紹介したときに気づいた方もいたかもしれませんが、『iKILL2.0』は本文が横組なので開きが通常と逆方向なのです。

 

_A162498.jpg

 

なんというアナーキーすぎる一冊!

元々メール小説だった本作を書籍で再現するために、弊社DTPプロデューサーの紺野師匠がフルスクラッチで起こした特別な版面になっています。ただでさえ珍しい横組の小説ですが、地の文とメール文がしっかり区別できるようフォントも異なったものが使用されていたり、実に細かいところまで紺野さんの匠の技が光っております。

メールを読むようなリズム感のある読書体験をあなたに。

 

今月の星海社FICTIONSはここに『月の珊瑚』『エトランゼのすべて』と入ってきて相当豪華なラインナップになっていますね。

星海社FICTIONSも創刊から半年を過ぎて充実のラインナップになってきましたが、僕の担当分の本も出てませんし、まだまだこれからどんどん増えていきますよ。

新書も、そしてコミックスもラインナップに加わって、勢いを増す星海社の今後の活躍にご期待下さい!

 

Amazon:ダンガンロンパ/ゼロ(上)(下)

Amazon:iKILL2.0



本文はここまでです。