ここから本文です。

カテゴリ: 編集部より

記事カテゴリ:お知らせ

『サエズリ図書館のワルツさん』がKIssPLUSにてコミカライズ決定!

どうも皆様、アシスタントエディター山中です。

すでにお知らせを見て下さっている方や、コミティアで配られていたフライヤーを見て「こ、これは…!」と思って下さってた方もいらっしゃると思うのですが、この度、講談社のコミック誌『Kiss PLUS』にて、紅玉いづきさん(@benitamaiduki)の最新シリーズ『サエズリ図書館のワルツさん』コミカライズされることが決定致しました!

 

 

作画を担当して下さるのは楠田夏子さん。これまでにも『ことことかるてっと』『グレイロマンス』『それでも恋していいでしょ』『ブルーバードブルー』などなど、叙情的な雰囲気のある作品から、コメディ作品まで、幅広く手がけられている気鋭の作家さんです。

すでに第一話のネームを拝見させて頂いているのですが、『サエズリ』の独特な世界観と、「サエズリ図書館」に集う、本が好きだったり、そうじゃなかったりする様々な人々を、漫画ならではの表現で、情感豊かに描いて頂けました。
個人的に、第一話のドジっ子カミオさんは可愛すぎてヤバイです。

小説をすでにご覧になって頂いた方には「おおっ」と思って頂けるようなシーンはもちろん、未読の方にも「サエズリ図書館」の奥深さを感じて頂けそうなシーンが盛りだくさんで、至れり尽くせりなコミカライズにして頂けそうです。楠田さん、KIss編集部の担当のお二方、愛のあるコミカライズにして頂いて、本当に有難うございました!

 

楠田さんと紅玉さんのコメントは、こちらの『デジキス』のニュースでご覧頂けるのですが、『最前線』読者の皆様のために、紅玉さんがもうひとつコメントを用意して下さったので、以下に掲載させて頂きます。

 

漫画化、というのはどうでしょう? とワルツさんに尋ねたら、「素敵ですね」と彼女は答えました。「書き下ろしですか?」いえ、雑誌に載るそうですよ。「それは、もっと、素敵ですね」素敵なのは、漫画に描かれる貴方ですよ、と私は思いました。美しい図書館の、素敵な図書館司書さんのお話です。

 

『サエズリ図書館のワルツさん』の連載がスタートするKiss PLUS5月号は、4月8日発売予定です。

 

ところで、『サエズリ』についてのニュースは、もちろんコミカライズだけではございませんよ……。

お待たせしておりますが、続報にご期待下さい!

 

原作の『サエズリ図書館のワルツさん 1』は星海社FICTIONSで好評発売中です!



本文はここまでです。