ここから本文です。

カテゴリ: 編集部より

記事カテゴリ:昼の最前線

これで応募原稿を読みます!

好きな元素はイッテルビウム! Yb!
いつも心に中二を!
という訳でアシスタントエディター・平林です。
因みに、イッテルビウムの名前の由来はイッテルビーというスウェーデンの町らしいです。この街から採掘された鉱物から、イッテルビウムをはじめ、4つもの元素が分離されたというから驚きです。

 

閑話休題。

 

さて、12月12日締め切り(当日消印有効)で募集しておりました、星海社FICTIONS新人賞へのご応募、誠にありがとうございました。

まだ星海社FICTIONSが創刊されておらず、したがって現在の賞金額は0円……にもかかわらず沢山のご応募頂きました事、この場にて御礼を申し上げます(勿論、あくまでも「現時点で」の話なので、FICTIONSが創刊されれば金額は変動します。受賞しても0円という訳ではありませんのでご安心下さい)。

応募総数は現在集計中ですが、僕のデスクの背後の棚がいっぱいになるくらい届いております!

そして、今回応募規定にて「なにがしかのメディアに保存したデータの同封」をお願いしていたのですが、これは膨大な数の原稿を、電子書籍リーダーなどで読ませていただくためです。

星海社はキンドルが既に4台ありますが、僕も電子書籍リーダーを導入。でもキンドルじゃありません。

じゃん!

101215_2140~01.jpg

SONYから発売されたばかりのReaderでございます(こちらは小さい方のPocket Edition。文庫本サイズです)。

 

 

101215_2156~01.jpg

キンドルと並べてみるとこんな感じ。

山中君作成の応募原稿PDF(for電子書籍リーダー)もばっちり読めます!

という訳で、年末年始は応募原稿三昧だぜ!

 


(written by 平林緑萌



本文はここまでです。