ここから本文です。

カテゴリ: 編集部より

記事カテゴリ:昼の最前線

聖人君子のハードディスク

毎週更新でお届けしてきました森田季節さん『エトランゼのすべて』、今週の更新で最終話まで公開されております。

しかし、『エトランゼのすべて』のすべてが読めるのは今月29日まで、どうぞお気をつけ下さい。

そして、お気に召した方には、庭さんの美麗イラスト満載の星海社FICTIONS版をぜひともおすすめ致したく!

 

さて、打って変わって土曜日の話である。

なぜ金曜更新のはずのブログに、土曜日のことが書かれているのか不審に思ってはならない。

そのようなことを詮索するものは豚に食われるであろう。

 

ともあれ、土曜日である。

ツイッターでも少し呟いたが、過日、ある友人が自ら命を絶った。

報せを受けた時は実感が涌かなかったが、徐々にボディーブローのように効いて来て、その週は大変つらかった。

 

それは兎も角、葬儀に出席できなかった友人も多く(僕もそのひとり)、一度皆で実家を訪ねようということになった。

最大の目的は、ハードディスクを物理的に破壊して、彼が安らかに眠れるようにするためである。

いったい、男子たるもの、ハードディスクの中にそれなりに秘密を隠し持たねばならぬのである

しかし、それが公にされることはあってはならない。つまり、その秘密が明らかになった途端に男子の権威は失意するのである。

 

かくのごとき理由で、我々は彼の実家に向かい、その部屋に足を踏み入れた。

彼の部屋はものすごいことになっていた。メインのデスクトップ以外にも、10台を超えるPCが部屋の中に散らばっていた。

その他にも数台のノートPCが本棚に並べられていた。まるで「ちょっと分厚いけど本みたいなもんですよ」といった面持ちで、漫画の隣に並んでいた

ケータイも10台くらいあった。6ドルのパーツを23ドルかけて個人輸入したりしていた。

イーモバイルの箱が何故か三つあった。面妖な形をした光学マウスも5つばかり転がっていた。

本当にデジタルガジェットが好きだったんだなぁと、我々は呆れつつも感心しながら故人を偲んだ。

 

そして我々は、この分であれば彼が自分の秘密を、さぞかしハードディスクの奥深くに厳重なパスワードをかけて隠しているであろうと想像した。

しかし、我々の想像に反して、メインPCにはパスワードがかかっておらず、中には大したデータは入っていなかった。消した形跡も全くない。

ノートPCも同様である。

 

さては……と部屋を見回すと、家庭用サーバーが目に入った。

さてはこいつか、とそこに入ろうとするも、どのPCからもアクセスできない。

もはや本命はこいつと決まったも同然だ。

さあかかってこいとばかりに取り囲み、まあどうせパスワードかかってるんだろうけどね……と思いつつLANケーブルをぶっ差すと──普通にアクセスできてしまう。

そして、中味もいたって普通、自分で撮った写真と、これだけは好きだったらしい某画像BBSのログくらいしか入っていない。


ここに至って、我々は自らの不明を恥じ、滂沱の涙を流した。

彼は、本物の聖人君子だったのだ──。

 

なお、部屋にはMacBook ProとMac miniがあったが二台ともWindowsがインストールされていた。

今頃彼は、あの世でジョブズから殴られているかもしれない。

(written by 平林緑萌



本文はここまでです。