ツイ4 星海社編集部『第10回 ツイ4新人賞座談会』 #0011

『第10回 ツイ4新人賞座談会』

才能を感じさせる作品がぞくぞく登場!? 白熱の座談会公開!

作品No.0011 みのるサイエンス 流川夕夏

作品No.0011「みのるサイエンス」流川夕夏

いきなりですけど、この作品担当させていただきたいです! 

太田 あ、僕もそう思っていたのに!

今井 早い! 林さんがそう思う理由聞きたいです!

もちろん直さないといけない部分もあるんですけど、欠点が明確な分、そこを直せば伸びしろがすごくあると思いました。

平林 これは男女どっちの目線でやるかで大きく変わるね。

岡村 とりあえずななみさんが可愛いのはgood、これは男目線の方がいいんじゃない?

平林 僕は『敏感! ビビットさん。』を担当したことでもわかるようにおねショタが好きなので、僕もおねショタものとして男目線でやることを推したいんだけど、林さんはこのあたりどう考えているのかな? ショタになるなら11歳くらいがいいと思うんですよ(迫真)。

ウッ、凄い圧を感じる......! いっそのこと、週ごとに主人公の視点を変えるとかはいかがでしょう!!

平林 あと、身長差や体格差が肝になりますね(真剣)。

そうですね!!

平林 むしろエロくした方がいい。絶対に。

今井 平林さんの中に、何か確信めいたものがある......!

岡村 じゃあ林さんお願いします!

平林 俺は厳しいよ......。

はい! 平林さんにも太鼓判押してもらえるようにがんばります!

太田 (ニヤニヤしながら)うーん、この人はデリカシーを求めるタイプだと思うので、林さんとうまくやっていけるか微妙なところだと思うよ。途中で関係が破綻したら、出版界のミスター・デリカシーと謳われるこの僕が喜んで担当に立候補することにしましょう。うーん、破綻してほしくないけど 、破綻してほしいこの気持ち!