ツイ4 毎日、4コマ

「ツイ4」ご利用規約

「ツイ4」(以下、「本サービス」といいます)は、株式会社星海社(http://www.seikaisha.co.jp/)(以下、「運営者」といいます)が、http://sai-zen-sen.jp/comics/twi4/ 以下のウェブサイトならびに別途頒布するアプリケーションを通じて提供するサービスです。本サービスを利用するお客様(以下、「利用者」といいます)は、本サービスを利用することによって、このご利用規約(http://sai-zen-sen.jp/comics/twi4/terms-of-service.html)(以下、「本規約」といいます)のすべての内容を確認・承諾し、本規約が適用されることをあらかじめ同意したものとみなします。

第1条(サービスの利用条件・本規約の適用)

  1. 利用者は、本サービスの利用にあたり、必ず本規約のすべての事項を予め了承し、これらに従うものとします。
  2. 本規約は、利用者が本サービスを利用するにあたり、本サービスのウェブサイトを包含するサービスである「最前線」の利用規約(http://sai-zen-sen.jp/rule.html)よりも常に優先して適用され、仮に両規約の内容に差違がある場合も、その種類や程度にかかわらず、常に本規約の内容が優先されるものとします。
  3. 運営者は、任意の理由によって、いつでも利用者への予告や通知なく、本規約に対して追加・削除を含む変更を加えることができるものとします。また、利用者は、本規約に変更が生じた後に本サービスおよびそのウェブサイトとアプリケーションを利用することによって、変更後の本規約の内容を確認・承諾したものとみなされます。

第2条(免責事項)

  1. 運営者は、本サービスにより提供される漫画・写真ほかの図像、文章およびソフトウェア等(以下、「コンテンツ」といいます)が、正確・適時であること、お客様の需要に適合すること、本サイトに不具合やエラーや障害が生じないこと、ならびに本サイトから提供されるソフトウェアに不具合やバグが生じた場合に直ちに修正されることについて、何ら保証するものではありません。
  2. 運営者は、利用者の事前の承諾なしに、記載されている内容、サービス等を変更できるものとします。また、本サービスを利用したことまたは利用できなかったことによる損害に対しては、一切の責任を負いません。
  3. 利用者が本サービスを利用することで何らかの損害を被った場合でも、運営者は一切の責任を負いません。本サービスのご利用は、利用者ご自身の責任と判断のもとでお願いします。
  4. 運営者は、次に挙げる場合のほか必要に応じて、本サービスのプライバシーポリシー(http://sai-zen-sen.jp/comics/twi4/privacy-policy.html)に即した範囲で、本サービスの利用に関連してサーバに残された利用者の情報を閲覧したり、他のコンピュータや記録媒体に保存したり、第三者に開示することができるものとし、それによって生じたいかなる損害についても、運営者は一切その責任を負いません。ただし、いかなる場合も、運営者がこうした措置を行うべき義務は負いません。
    • 本規約に違反する事態の有無等を確認する必要があるとき
    • 人の生命や身体、財産などに危険が差し迫っており、緊急に対応する必要があるとき
    • 裁判所や警察などの公的機関から、法令に基づく正式な照会を受けたとき
    • 本サービスの技術的不具合を解消したり、本サービスの品質を向上させるために必要なとき
    • その他本サービスを適切に運営するために必要が生じたとき

第3条(個人情報の取り扱い)

  1. 本サービスでは、本サービスのプライバシーポリシーに記載する目的で、利用者から情報を収集することがあります。運営者はその際、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)その他の法令と本サービスのプライバシーポリシーに則り、責任をもって収集・利用・管理・保護にあたります。

第4条(著作権およびその他の知的財産権等)

  1. 本サービスから提供されるコンテンツに関する著作権、商標権およびその他の知的財産権は、運営者または当該コンテンツの原作者・提供元に帰属します。また、個々のコンテンツの集合体としての本サービスおよびそのウェブサイトとアプリケーションに関する著作権、商標権、その他知的財産権については、運営者に帰属します。利用者は、運営者または当該コンテツの原作者・提供元の事前の承諾なしに、本サービスから提供されるコンテンツの全部または一部を転載、複製、出版、放送、公衆送信その他の知的財産権を侵害する行為を、自ら行うことはできず、また第三者に行わせてはなりません。

第5条(サービスおよびコンテンツ提供の変更、停止・中止等)

  1. 運営者は利用者に通知することなく、本サービスおよびそのウェブサイトとアプリケーションを変更・停止・中断・終了することができます。運営者はその際、理由の如何を問わず、利用者に対する補償は行なわず、一切の責任を負いません。

第6条(利用者の義務)

  1. 利用者は、本サービスの利用によって得られる結果を、運営者とコンテンツの権利保持者をはじめとするあらゆる個人・組織の権利を侵害しない範囲でのみ利用することができるものとします。
  2. 利用者は、本サービスを利用するために必要な機器、ソフトウェア、通信回線、コンテンツデータなどのすべてを利用者自身の負担において準備し、自己の費用でインターネット通信サービスを利用して本サービスのウェブサイトやコンテンツが設置されたサーバへ接続するものとします。また、そのために必要な手続きは、利用者自身の責任と費用をもって行なうものとします。
  3. 利用者が運営者に連絡をする場合は、運営者が他の方法を指定した場合を除き、運営者のウェブサイト上の問い合わせフォーム(https://www.seikaisha.co.jp/contact/#inquiry)もしくは本サービスのアプリケーションの問い合わせ機能を使用するものとします。

第7条(禁止事項)

  1. 利用者は、本サービスを利用するにあたり、次に該当する行為または該当のおそれがあると運営者が判断する行為を行ってはならないものとします。
    • 法令に違反する行為、犯罪行為、および、それらを教唆・幇助する行為
    • 運営者もしくは第三者の知的財産権およびその他の権利を侵害する行為
    • 運営者もしくは第三者の名誉や信用を毀損したり、誹謗・中傷・脅迫する行為
    • 第三者に不安や不快感を与えると運営者が判断する行為
    • 利用者自身のものであっても、個人情報の譲渡・譲受を伴う行為
    • 本サービスのプログラムの一部または全部を、転用、転載、改変するなどして本サービス以外で利用する行為
    • 本サービスのプログラムの不具合を利用して、運営者もしくは第三者の権利を侵害したり不利益を生じさせる行為
    • 本サービスが使用するサーバや、本サービスにアクセスするためのネットワークに著しい負荷をかける行為
    • 本規約の他の事項で禁じている行為や、その他、運営者が不適切であると判断する行為

第8条(リンクについて)

  1. 本サービスの利用者は、原則として本サービスのコンテンツにリンク設定を行うことができますが、次に該当する場合には、運営者の判断でリンクを禁止させていただく場合もあります。
    • 営利を目的としたものである場合
    • 運営者に社会的・経済的損失が生じると考えられる場合
    • 公序良俗に反する内容のサイトへのリンク設定の場合
    • 独自のフレームの中に本サービスのコンテンツを取り込んだ形でリンク設定される場合
    • 第三者が著作権を保有するコンテンツであって、当該コンテンツへのリンク設定を禁止している場合
    • その他、本サービスの運営に支障を来す恐れがあると運営者が判断した場合
  2. 運営者の都合で、利用者への事前の予告なしに、コンテンツの削除・変更・移設等を行う場合がありますが、これらにより利用者に損害が生じても、運営者は一切責任を負いません。
  3. 本サービスの利用に関連して、利用者と他の利用者または本サービスのコンテンツの原作者・提供元ほかの第三者の間で生じたトラブルに関して、運営者は一切その責任を負いません。また、当該寅プルに端を発して他の利用者または第三者が運営者の責任を追及したために運営者に生じた損害や、その解決のために運営者が支出した費用の一切は、当該利用者が運営者に対し、直ちに補償するものとします。
  4. 本サービスのウェブサイトとアプリケーションには、他のウェブサイトやリソースに誘導するリンク設定や、第三者が他のウェブサイトやリソースに誘導するリンク設定をしている場合があります。当該ウェブサイトやリソースについては、それぞれの運営主体が管理しており、運営者は管理する権利および義務を有しておりません。運営者は、本サービスの利用者に対し、第三者が管理するウェブサイトやリソースの利用可能性および当該ウェブサイトやリソース上の情報、広告、商品または役務等について何ら保証するものではなく、これらにより利用者に損害が生じても一切の責任を負いません。

第9条(本規約に対する違反等への対処)

  1. 利用者が本規約に違反した場合やそのおそれがあると運営者が判断した場合、または、利用者による本サービスの利用に関して他の利用者または第三者から運営者に対するクレームや請求等があった場合、もしくはその他の理由で本サービスの運営上不適当であると運営者が判断した場合に、運営者はその利用者に対し、事前に通知することなく、次に挙げる措置のいずれかまたはこれらを組み合わせた措置を講じることができるものとし、利用者はこれに従うものとします。
    • 当該利用者に対し、他の利用者や第三者との間で問題解消のための協議を行い、その他運営者が適切と判断する措置を講じるよう要請すること
    • 当該利用者に対し、本サービスの利用停止やコンテンツへのアクセス制限の措置を講じること
    • 適切な管轄省庁、捜査機関、仲裁機関、または裁判所に通報・相談し、それらの機関を通じて民事上・刑事上の措置を講じること
    • 運営者に生じた損害の賠償を当該利用者に請求すること
    • その他、運営者が適切と判断する措置を講じること
  2. 違反行為を行った利用者に対して運営者が前項のような措置を講じた結果、その利用者に生じたすべての事象について、運営者は一切その責任を負いません。また、本規約は、利用者の違反行為その他を監視したり、それに対する措置を講じる義務を運営者に課すものではなく、利用者の違反行為によって利用者自身もしくは第三者が被った損害について、運営者は一切その責任を負いません。

第10条(本規約の有効性)

  1. 本規約に定める事項の一部が法令・判決・命令等に基づいて無効と判断されたときも、その他の事項は継続して有効であるものとします。
  2. 本規約に定める事項の一部ないし全部が特定の利用者や第三者との関係において無効となったときも、その他のユーザとの関係においては、それらの事項も引き続き有効であるものとします。

第11条(本規約の準拠法、管轄裁判所等)

  1. 本規約の成立、効力、履行、および解釈に関しては、日本国法が適用されるものとします。
  2. 本規約の解釈を巡り疑義が生じたとき、運営者は、合理的な範囲でその解釈を決定できるものとします。
  3. 運営者と利用者との間におけるすべての紛争については、訴額に応じて東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

(附則)

  1. 本規約は、2016年9月23日から施行します。