ステイホームの密室殺人 1 コロナ時代のミステリー小説アンソロジー

ステイホームの密室殺人 1 コロナ時代のミステリー小説アンソロジー
  • 星海社FICTIONS
  • 著者: 織守きょうや・北山猛邦・斜線堂有紀・津田彷徨・渡辺浩弐
  • 定価: 1,300円(税別)
  • ISBN: 978-4-06-520652-2
  • 発売日: 2020年08月19日
  • サイズ: B6判

新しい時代の、

新しい殺意。



緊急事態宣言からの「ステイホーム」のかけ声とともに一瞬で変わってしまった日常を舞台に、ミステリー界の珠玉の才能たちが競演する「ステイホームの密室殺人」!



織守きょうや「夜明けが遠すぎる」

アルバイト先の突然の休業で困窮した小悪党とその弟分は、オンライン飲み会のアリバイ工作をして殺人を実行するが、その目論見は脆くも崩れ去り──!?


北山猛邦「すべての別れを終えた人」

新型コロナウイルスを避けて地方に疎開した女が、バラバラの焼死体として発見された。果たしてその真相は──。限りなき終末感とともに、名探偵・綿里外が現れる!


斜線堂有紀「Stay sweet, sweet home」

ステイホームで適切な距離ディスタンスが取れず、険悪ムードのとある家族に起こった不慮の死は事件か事故か? オンライン越しに示される推理が冴え渡る!


津田彷徨「不要不急の殺人」

とある老人ホームで、新型コロナウイルス感染が疑われる一人の入所者が急死を遂げた。死因究明に取り組む若き医師がたどり着いた真実とは──!? 現役医師作家が描く医療ミステリー。


渡辺浩弐「世界最大の密室」

全人類が引きこもり生活を送る中、「世界最大の密室」と化した「無人の街」で発見された謎の死体。彼はいったいなぜ、どのように殺されて街に現れたのか?

編集者コメント

2020年、この一冊を読まずして何を読む? 他に読む本など何もない!

星海社・太田 星海社・太田