ここから本文です。

カテゴリ: 編集部より

記事カテゴリ:太田克史のセカイ雑話

新人・中村あき×CLAMP!

新人・中村あき×CLAMP!

 

ちょっと信じられないようなタッグの結成ですが、本当です。

最新の星海社FICTIONS新人賞は、新本格ミステリ。

新人・中村あきのデビュー作、『ロジック・ロック・フェスティバル 〜Logic Lock Festival〜 探偵殺しのパラドックス』は、僕が編集者になるきっかけのひとつになった新本格ミステリというジャンルの最新型ともいうべき作品です。

 

内容紹介は以下こんな感じ!

=================================

藩校(はんこう)を前身とする名門高校・鷹松(ようしょう)学園の新入生、「僕」こと“中村あき”。とある“名探偵”の代役として暗躍した過去を持つ彼とその仲間たち——山手線太郎(やまのてせんたろう)・万亀千鶴(まきちづる)・鋸(のこぎり)りり子(こ)——は完全無欠の生徒会長・衿井雪(えりいゆき)から来たる文化祭の『実行補佐』を命ぜられ、学園の事件(トラブル)を解決へと導いていたのだが……!?

星海社FICTIONS新人賞から飛び出した「新本格」推理小説(ミステリ)の正統後継者・中村あきのデビュー作!

==================================

 

そう、そこにはもちろん飛びきりの「密室」殺人が待っています。

ミステリーファンのあなた、乞うご期待です!

 

しかし、なぜにCLAMPさんがまったくの新人のイラストを担当することに!?

実はCLAMPの大川七瀬さんは大のミステリー好きで、以前からお目にかかるたびにミステリー談義をちょこちょことさせていただいていたのです。

で、いつかミステリーを一緒にやりましょうね! とお話ししていたのですが……。

 

中村あきさんからの投稿原稿を読んで、編集者の僕の頭の中に真っ先に浮かんだのは『コードギアス』の“あの”生徒会の面々でした。ちょっと浮き世離れした、裏も表もある頭の良い高校生たちのスリリングな丁々発止のやりとり。それが『ロジック・ロック・フェスティバル 〜Logic Lock Festival〜 探偵殺しのパラドックス』の登場人物たちの息づかいととてもよく似ていると思ったのです。そして、その瞬間から、「この投稿原稿をCLAMPさんのキャラクターで彩りたい!」という編集者としての熱い思いが噴き出してきたのです。

 

しかし、中村あきさんは新人さんです。僕たち星海社だって、まだ設立して三年しかたっていない新興出版社です。

「CLAMPさんと一緒にお仕事するなんて絶対無理だろ!」

と思いながら、連絡をとったCLAMPさんですが、なんと三週間経たないあいだに全員が原稿を読んでくださいました。

そしてお返事が……!

 

「とても楽しく拝読しました! お手伝い出来るなら是非、よろしくお願い致します」

 

その夜は星海社の編集部に、歓声が湧きました!

CLAMPさんクラスの方が、まったくの新人さんと組んで何か得をするようなことは一切ないはずなのに……「なんてかっこいいんだ!」という気持ちでいっぱいです。

そしてそれからも、CLAMPさんから矢継ぎ早に上がってくるラフのすばらしさに編集部には次々と歓声の声が。編集者冥利に尽きます。

 

 

さて、星海社ではこれらのキービジュアルを、10/12(土)から徳島マチ★アソビの星海社パラソルショップにて公開いたします。A1サイズの巨大な特製ポスターをつくっておりますので、徳島マチ★アソビにお越しの方はぜひご覧になってくださいませ。また、星海社パラソルショップでサイン本などをお買い上げのファンの皆様には、こちらも特製のポストカードをプレゼントいたします。

 

……と、いうわけで、「新人・中村あき×CLAMP」という前代未聞のタッグでお送りする新本格ミステリ『ロジック・ロック・フェスティバル 〜Logic Lock Festival〜 探偵殺しのパラドックス』は11/14(木)、星海社FICTIONSから発売です。

『最前線』でも無料公開を10/15(火)から開始するので、どうかお楽しみに!

 

追伸

徳島マチ★アソビで公開するA1サイズのポスターを、中村あきさんとCLAMPさんのダブルネームのサイン入り! で、恒例となった徳島マチ★アソビの東日本大震災のチャリティーオークションに出品いたします。我こそはと思わん方はぜひぜひご参加くださいませ!!

 

(written by 太田克史



本文はここまでです。