ここから本文です。

カテゴリ: 編集部より

記事カテゴリ:夜の最前線

紅玉いづき×HEROで贈る恋愛物語『青春離婚』絶賛公開中。

すでに日付も変わっておりますが「いい夫婦の日」に向けたブログを。

 

紅玉いづきさん(@benitamaiduki)のカレンダー小説『青春離婚』を「いい夫婦の日」に公開いたしました。

 

seishun_01.jpg

 

twitter検索で「青春離婚」やら「#seishun_rikon」やら、色々と検索させて頂いているのですが、ものすごい感想の量で追いかけてたら仕事にならないぐらい……。ニヤニヤしながら皆様の感想ツイートを堪能させて頂いております。

 

個人的に嬉しかったのは、「HEROさん(@dka_hero)のイラストとの親和性が凄い」という感想ですね。

「意外な正解」を追求していくのが編集者に求められる仕事のひとつだとこの一年で教えられてきたのですが、今回はそんな「意外な正解」にたどり着けたような気がします。HEROさんの描かれた郁美さんと灯馬さんとヤギが、すとんと物語に落ち着いたのが、何よりも嬉しかったです。HEROさんにお願いできて本当によかった。HEROさん、改めて素晴らしいイラストをありがとうございました。

 

何度読んでもキュンキュンくる物語です。郁美さんの不器用さと、灯馬さんの優しさが心に染みます。

どうか11月29日までの期間いっぱい、何度でも楽しんで頂ければ幸いです。

 

ちなみに裏技「Webフォントバージョン」もありますのでこちらで読むとまたちょっと印象が変わって楽しいかもしれません。

明朝体で線が細くなって読みづらい場合はブラウザのフォントサイズを直接大きくするという若干の力業で対応して頂ければ。ちなみに11インチの画面で2回拡大するとこんな感じになります。

 

スクリーンショット(2011-11-23 23.41.29).png

 

(※追記:Chromesafariにしか現状対応してないことを書き忘れておりました。どちらかのブラウザでお試し下さい。)

星海社が追求している、最先端の読書体験をどうぞ。

 

−−−−−

 

そしてHEROさんによるコミカライズ版も同日公開させていただきましたが、こちらも大好評で本当に嬉しいです。

 

seishun_02.jpg

 

紅玉さんも驚かれていたのですが、間違いなく紅玉さんの作品なのに、HEROさんの描く作品“そのもの”になっていることに本当に驚きます。1話の最後の4コマとか、初めて見たときは思わず目頭が熱くなったなぁ……。原作を未読でも、読み終えたあとでも、間違いなく楽しめるコミカライズを描いて頂けてると思います。これからの連載にもご期待下さい!

 

せっかくなので裏話をしますと、今回のコミカライズ版、実は既存の『最前線』漫画ビューワーではなく小説用のビューワーを改造したものをシナップさんに特別に作って頂きました。

たとえば『青春離婚』と『空の境界』、よく見るとメニュー周りが微妙に違います。

『最前線』の漫画ビューワーは縦スクロールに特化しているのですが、ページ区切りが前提になっているみたいで、HEROさんの漫画のように縦に途切れなく連なる作品には現状そのままでは使用できないようなのですね。で、かなりみっちりシナップさんと凸版印刷のDTPチームとも相談をしまして、コマをひとつずつ別の画像にして小説ビューワーで一気に並べる、という方法で解決して頂いた次第です。画像一つ一つが軽いので、iPhoneなどのスマートフォンにも優しいような気がします。メニューの矢印ボタンで1コマずつ進められるのが驚きの読みやすさですので試して頂けると嬉しいです。

こういう縦スクロール前提の作品も今後は増えてくるでしょうね。Webでの漫画表現というものの一つの正解のようにも思います。

 

ところで、今回は短編で、しかもWebでの掲載なので、あとがきはお願いしていなかったのですが、なんと紅玉さんがサイトであとがきを書いて下さっています

なにやら色々アクロバティックかつエキサイティングな展開があったようですが(他人事…)結果良ければ全て良し! とはならないでしょうか、紅玉さん……(笑

 

こちらは読み終えていただいた余韻と共に、是非。

 

そして小説の最後の“告知”については、またいずれご報告しますので、お楽しみに……!



本文はここまでです。