ここから本文です。

カテゴリ: 編集部より

記事カテゴリ:夜の最前線

おじいちゃんのワンスアゲイン! 映画『ヒッチコック』

金曜日は映画の日〜

 

サスペンス映画の神様とも呼ばれる、アルフレッド・ヒッチコック。

巨匠ヒッチコックと、彼を陰でサポートした妻を主役にした、事実とフィクションを織り交ぜた映画『ヒッチコック』をご紹介します。

 

映画『ヒッチコック』予告編

物語は1959年。ヒッチコックは『めまい』や『北北西に進路を取れ』などヒット作を連発。

名実ともに超売れっ子映画監督でした。だけどヒッチコックは60歳。

さすがにもう映画監督を引退するだろう……とマスコミや業界関係者は思ってたわけですよ。

ヒッチコックの後釜を狙う若手監督も勃興していました。

 

そんな状況にヒッチコックは、手塚治虫よろしく「俺より優れた映画監督なんて認めてたまるか!」と嫉妬心バリバリ。

俺を舐めきっている連中を見返してやる! と新作映画の制作を決意。

 

その映画というのが、あの名作『サイコ』だったのです。

 

以下、ネタバレ含みますのでご注意ください。



 

いやぁ、『ヒッチコック』とんだ萌え映画でした。

ヒッチコック萌え!!!

 

撮影進行がうまくいかないイライラから、冷蔵庫の缶詰全部食べちゃうとか、

寝ている妻を起こして「ねぇねぇ、この本のここ読んでよ〜(それも陰惨なシーン)」って言ったり……萌えるやないか! 巨匠かわいい〜萌え〜

 

ヒッチコックのまん丸とした体型と、キョトーンとした間の抜けた顔が相まって、かわいさ2割増し!

 

でも、そんなかわいいおじいちゃんが、

「お金もない時間もない中で映画をつくった、楽しさを! 新人だった頃のときめきをもう一度思い出したいんだよ〜」

と絶叫するシーンはほろっときました。

どんなに有名になっても「自分がワクワクする作品」を作りたいという欲望を抱き続けたヒッチコック。心から尊敬します。

 

そして妻のアルマの物語もいいんだこれが。

陰で夫を支えても、誰も評価してくれない。

やっと純粋に自分の才能を認めてくれる人が現れたと思っても、「ヒッチコックの妻」としてしか見られていなかったり……。

 

そんな妻アルマのアイデンティティの承認を巡る話と、

ヒッチコックのクリエイターとしての葛藤が終盤にうまく統合され完結するフローは、見ていて非常にここちよい!

今期ベスト3に入るくらい好きな作品となりました。

上映時間も98分。タイトで素晴らしい!

 

というか、個人的には

おじいちゃんが頑張ってる映画は、評価が3百点加算ですよ!

あと、エド・ゲイン※が登場するだけでハイ、5億点追加ーって感じです。

 

※  エド・ゲイン

アメリカ犯罪史でも稀に見る大量殺人鬼。死体から皮を剥いでランプシェードとかベストを作ってた。彼をモデルにした映画は『サイコ』の他に『羊たちの沈黙』や『悪魔のいけにえ』等他多数。

 

皆さんも是非『ヒッチコック』みてみてください!

でも、『サイコ』は観てから劇場行ってね!

(written by 林 佑実子



本文はここまでです。