ここから本文です。

カテゴリ: 編集部より

記事カテゴリ:夜の最前線

持ち主をプロファイリングせよ

先日、謎のメッセージを受信してしまいました。

 

きっかけは、とある本です。

 

どうしても手に入れたい小説があったのですが、絶版になってしまっていたため、しかたなく中古品を注文しました。

 

数日で、所望していた本は届きました。

やや黄ばみはあるものの、カバーは奇麗でした。

 

さっそく読み始め、全体の半分を読み終えたあたりでしょうか。

こんなものが挟まっていました。

 

レシートです。

しおりとして使っていたのかな。

 

しかし、問題は裏。

 

か、怪文だ————!!!!

買った本がホラーだったので、よけいに怖いよ!

 

「オ、オ、」…… 一体何を言わんとしていたのか?

 

どういう人物なのか気になったので、元の持ち主をプロファイリングしてみました。

読者を知ることで、今後マーケティングの上で参考になるかもしれないしね。

 

・  2010年の10月6日の昼ごろにハイボールのレモンを買っている。

・  ハイボールが好き……女性?

・  平日の昼に、コンビニではなく酒屋で酒を買う人物。節約家?

・  店を調べたところ、24時間営業の酒屋さん。住宅街のど真ん中にある。

 

お昼、しかも平日にお酒一本買うということは、働いていない可能性が高そうですね。

これらの情報から想像するに、持ち主は主婦だったのではないでしょうか?

一気に一冊読まずに、しおり使って少しずつ読んでいる点も、家事の合間に読み進めている証拠なのでは。

 

そして、謎の「オ、オ、」という落書き。

何を意味しているかは不明ですが、どこかジョジョの効果音っぽく見えませんか?

暇つぶしにジョジョ文字を模写していたとするならば、マンガも小説も読む若い主婦……もしや若妻!?

 

まとめると、前の持ち主はホラーが好きな若妻!(たぶん)

 

昼ドラってドロドロした人間関係を描いていることで主婦層に絶大な人気を得ているし、

人の妬み嫉みが絡むホラー小説なら主婦層にもおおいに受け入れられる可能性は十分ありますよね。

 

レシート一枚で読者の輪郭って見えるものですね。

あれやこれやと推理するのはけっこう楽しかったです。

 

それにしても、あの走り書きはどういう意味だったんだろう……謎〜

(written by 林 佑実子



本文はここまでです。