ここから本文です。

カテゴリ: 編集部より

記事カテゴリ:夜の最前線

ひまつぶし→ひまづくり

ひまな時間作らないをいけないと、最近思います。

 

普通みんなつぶしたがるんですけど、

現代において、本気でひまな時間て、いったいどれだけあるんでしょうか。

 

少なくとも僕は、ここ数年、特にスマホを持ちだしてから、

「ひまだ」と思ったことがありません。

 

「ひま」をめぐる争い=エンタメ業界の争いなのだと思います。

人が「ひまだ」と思う時間を限りなくゼロに近づけ、

近づいたら今度は、その時間を奪い合う。

 

ぼーっとしてると、ひまな時間は、

根こそぎもっていかれてしまいます。

 

だからこそ、「ひま」を作らないといけないなと思います。

 

人は「ひま」になると、自分の頭の中にしかコンテンツがなくなるので、

自然と自分のことが整理でき、また、自分のことを省みることができます。

たぶんですけど。

 

これだけひまがなくなってくると、 

そのうち「ひまづくりビジネス」が流行ったりするのかもしれませんね。

 

その時、エンタメ業界は何をするのか。

そんなことも考えつつ、また明日からがんばります。

 

押忍!

(written by 今井雄紀



本文はここまでです。