ここから本文です。

カテゴリ: 編集部より

記事カテゴリ:夜の最前線

最前線セレクションズに代打出場…?

岡村さん(@seikaisha_k_oka)が力強くハードルをあげていて許すことができない…

アシスタントエディターの山中です。

 

というわけで大人気コンテンツ『最前線セレクションズ』ですが、太田さん(@FAUST_editor_J)の代打で五週間だけ出させて頂くことになりました。

 

いつかこの日は来ると思っていたのですが、まさか緑萌さん(@seikaisha_moegi)と同時とは……。

負けられない戦いが、そこにはある…(ゴゴゴ

 

一個でも多くポチって貰えるようにがんばります 0_(:・ 」∠)_

 

−−−−−

 

さっきまで考えていたことをうにゃうにゃ。

大人になって、経験や知識が付けば付くほど言語化するための技術が身について、結果として「物事が面白い」と感じることすら自分に対して説得ができるようになるのでは、と太田さんとの昨夜の編集部雑談で話していまして。

わりとガンダムに触れずに育ってきたこともあり、渦中の議論にあまり興味が持てないのですが、子供の頃って知識も経験も大人に比べると乏しいわけで、結果として物事の面白さって子供に対しては純粋かつ絶対値だと思うのですよね。それにくらべて大人の感じる面白さはどちらかと言えば相対的で、沢山のことを知っているが故に、面白さを比較して検証して言語化しなければならなくなるのですね。そして上手く言語化することで、自分に対して物事の面白さを説得できるようになる、と思うわけです。

面白さを感じる能力はきっと大人の方が高いと思うのですが、子供の方が非力で、不格好で、それ故に純粋に物事の面白さを見抜くのかも、と少し考えています。

 

−−−−−

 

ちなみに編集者にとって、全ての物事を「比較して検証して言語化する」ことは、生きるための術です。



本文はここまでです。