ここから本文です。

カテゴリ: 編集部より

記事カテゴリ:夜の最前線

【鮮やかな原画を再現】『藤島康介デビュー30周年記念自選画集 僕と彼女と乗り物と。』、その魅力に迫る!

画集『藤島康介デビュー30周年記念自選画集 僕と彼女と乗り物と。』、書店さんからは入荷状況が、そしてご購入頂いた方々からはご感想が続々と届いております! ありがとうございます!


 

まだ実物をご覧になっていない方はもちろん、すでにお手に取って頂いた方もさらに楽しみ方の深みが増す、発売記念ブログの第2弾。

今回ご紹介する内容は、画集の印刷クオリティ。いわば画集の本丸。

 

今回の画集のポイントは2つ。

 

●高精細スキャン(通常の約3倍の画素数)により原画の鮮やかな色調を再現

 

●線数230線(通常の約1.7倍の密度)高精細印刷で彩る作品全117点を収録

 

簡潔に言うと……とにかく鮮やか。

 

今回の画集制作にあたり、藤島さんの原画を数多く拝見しました。そこでわかったことが、藤島さんの原画があまりにも繊細かつ鮮やかな色調だったこと。

例えばこちらです。

 

背景に描かれた鮮やかなグラデーションの空模様。薄く淡い色調から、徐々に塗り重ねて登場する濃密さ。とても絵画的です。藤島さんの原画の特徴を、極めて原画に近しい状態で再現しているのが、高精細スキャン(通常の約3倍の画素数)x線数230線(通常の約1.7倍の密度)高精細印刷によるものなのです。

これらのクオリティーを創りだして頂いたのは、凸版印刷のプリンティングディレクター・石井龍雄さんです。星海社のすべての画集クオリティーを一手にお願いしている方です。今回も素晴らしい仕上げをして頂き、この場を借りて感謝致します。ありがとうございました! 

そしてもうひとつ特筆すべきことがあります。

それは、スクリーントーンの美麗な表現です。

スクリーントーンとは、イラストや漫画などの背景や服などに用いる一定の表現パターンです。これによって様々な「柄」を表現することができる、イラストや漫画にとって非常に重要な表現方法です。

このスクリーントーンが、とにかく綺麗なのです。


藤島さんの作品には、車など多くの「乗り物」が登場します。車のボディなどに使われているスクリーントーンなどに、この画集をきっかけに是非注目して頂きたいです。そしてもうひとつ藤島作品の特徴とも言うべきポイントが、バラエティ豊かな女の子の衣装!

ここにもスクリーントーンが使われており、今回の画集にてとても綺麗に再現されています。衣装にまつわるお話は、巻末収録の藤島さん6000字インタビューのなかでも語って頂いていますので、ぜひ読んでみてください。

 

また、今回のデザインをご担当頂いたのが、ヴェイアさん。ヴェイアさんも、星海社作品と切っても切り離せない存在です。今回の画集テーマである「乗り物」と「女の子」を、ひとつのストーリー仕立てのようにページ構成頂きました。読者のみなさんが、違和感なくページをめくることができるはずです。僕個人的に大好きなのが、画集の最初と最後に登場する「見返し」というページ。漆黒の紙に、鮮やかな発色の銀が、藤島作品のコラージュとともに表現されています。これこそ、実物をぜひ見てみてください。めちゃくちゃかっこいいので……!

さて、最後にこの写真をぜひ。

こちら、藤島さんのお仕事場で見つけてしまったのです。


このモデル……だと思います!!

 今回お伝えさせて頂いた画集の魅力を、ぜひ実物でご堪能ください。

 画集『藤島康介デビュー30周年記念自選画集 僕と彼女と乗り物と。』、絶賛発売中です!

 

さて、次回はいよいよ(というか、お待たせしておりすみません)画展開催の詳細を公開します!

楽しみにお待ちください。

それでは! 

 

星海社PIECE『藤島康介デビュー30周年記念自選画集 僕と彼女と乗り物と。』

著者:藤島康介

定価:4200円(税別)

ISBN:978-4-06-220259-6

絶賛発売中!

Amazonはこちら

 

画展『藤島康介デビュー30周年記念自選画展 僕と彼女と乗り物と。』

開催時期:2016年9月27日(火)~10月4日(火)

会場:The Artcomplex Center of Tokyo(アートコンプレックスセンター)

東京都新宿区大京町12-9 電話:03-3341-3253 主催:株式会社星海社

ご来場時の諸注意:

・ギャラリーに駐車場、駐輪場はございません。

・近くのコインパーキングをご利用いただくか、公共交通機関をご利用ください。

■東京メトロ丸の内線「四谷三丁目」駅 出口1より徒歩7分 

■JR総武線「信濃町」駅より徒歩7分 

*スマートフォンなどで、google mapを見てお越しになる場合は、住所ではなく「アートコンプレックスセンター」の施設名で検索してください。


(written by 築地 教介



本文はここまでです。