ここから本文です。

カテゴリ: 編集部より

記事カテゴリ:夜の最前線

泉和良×hukeのタッグで贈る第三弾『ジスカルド・デッドエンド』

12月刊の星海社FICTIONS、先日無事に校了いたしましたので一冊ずつご紹介します。

 

まず本日は——『エレGY』『私のおわり』に続く、泉和良×hukeのタッグで贈る第三弾『ジスカルド・デッドエンド』!

 

_B292904-2.jpg

 

hukeさん(@hukeweb)らしいグランジテイスト溢れる表紙イラストがタイトルと相まって抜群にカッコイイ!

 

『エレGY』を読まれた方はご存じだと思いますが、泉和良さん(@izumi_kazuyoshi)といえばフリーゲームサイト『アンディー・メンテ』の「ジスカルド」なわけです。そんなクリエイターとしての「自分」の「死」を描いた物語……。『エレGY』で生身のジスカルドに触れた人にはもちろん、もの作りを志す、もしくはもの作りに携わっている方には是非とも読んで頂きたい一作です。

 

余談ですが、今アンディー・メンテ開いたら終了していてびっくりした…。

よく見ると下の方にひっそり移転のおしらせが(笑

 

泉和良最新作、『ジスカルド・デッドエンド』は星海社FICTIONSより12月15日(木)ごろ発売予定です。

 

−−−−−

 

deadend_cover+non.jpg

 

『ジスカルド・デッドエンド』
泉和良
Illustration/huke

「僕」が敬愛してやまないクリエイター(創造者)、ジスカルドこと「じすさん」が死んだ。

死に向かってひた走る彼と僕の、最後の交流。なぜ彼は死を選ぶのか? ものをつくること(クリエイション)とは、いったい何なのか? 現実と非現実が交錯する、新鋭・泉和良の反(アンチ)自伝的フィクション。

 

「創造の意味と、人の幸せは似てる。一人では意味がない。誰かと分かち合いたいんだ……」



本文はここまでです。