ここから本文です。

カテゴリ: 編集部より

記事カテゴリ:夜の最前線

パラジウム触媒にはお世話になりました

日本人がノーベル賞を受賞しましたね。しかも化学賞! しかもクロスカップリング! ということで化学分野出身の僕としては胸が熱くなるな……という感じです。
大学時代に所属していた研究室はパラジウム触媒を用いた反応系の研究を多数行っていましたので、個人的にも身近な分野でした。

薬物などの複雑な新規化合物を合成するのにカップリング反応はほぼ必須の手法ですので、むしろようやくの受賞か、といえるかもしれません。
何にせよめでたい事です。Heck先生、鈴木先生、根岸先生、受賞おめでとうございます。 

さて、今日の『最前線』編集部は、Webの制作を担当しているシナップさんとの定例打ち合わせでした。

毎週木曜日は原宿にあるシナップさんにお邪魔しまして、『最前線』についてがっぷり四つの打ち合わせをしているのですが、今日は昨夜ロイヤルホストで出版界が動いた!と四人で高まっていた企画が非常に好印象で、緑萌さん(@seikaisha_moegi)の白川郷取材の話などもあり、白熱した打ち合わせとなりました。

長丁場でお腹が空いたのもあって、帰りに池袋で降りて、緑萌さんと二人で中華を食べに。北口から出てすぐの中国茶館という店なのですが、ボリュームもあり、安くてうまい、とオススメです。点心の食べ放題もあるのでいつか挑戦してみたいのですよね。

−−−−−

ちなみに冒頭で書いた、クロスカップリング、乱暴に言うと二つの化合物をくっつける反応です。
Webと出版の融合であるところの『最前線』とも通じるところがあると思いませんか?!(ドヤッ



本文はここまでです。