ここから本文です。

カテゴリ: 編集部より

記事カテゴリ:夜の最前線

『マージナル・オペレーション』BOXセット、製作レポート! その2(全4回予定)

こんにちわ、星海社・広報担当の築地です!

6月は新刊タイトルの発売が多く控えており、にわかに編集部も盛り上がってきております。


さてさて、先日から始めましたこのブログ。

そうです、『マージナル・オペレーション』BOXセット制作レポート!

今日はその2をお届けしますね。

その1はこちらからチェックできます!


先日のその1では「白ダミー」というBOXのイメージサンプルが出来上がるまでをお伝え

しました。

そして今回のその2では、いよいよイラスト制作へ突入します。

お待ちかね、イラストレーター・しずまよしのりさんのターンです!

今回は、しずまさんがどのようにイラストの執筆を進められたのかを大公開。

しずまファンは必見です!



さて、その1の最後、ちょっとおさらいしますね。

しずまさん、デザイナーの川名潤さんと編集・平林がデザインの打合わせ時に検討した

大切なポイント。

それは、「どう配置するとイラストを最も大きく見せられるか」


本のページ体裁で、普段は見開きページやカバーデザインといったところが大きめのイラストを

使える場所なので、ここにインパクトのあるイラストを配置することが多いです。

しかし今回のような箱をぐるりと一周!、というような非常に大きいイラストを配置できる

機会はあまりないため、この利点を最大限に生かしたインパクトのあるイラスト、デザインを

検討したようです。

イラストやデザインに一層、力が入りますよね。


そして、まず上がったイラストラフがこちら!!

マジオペBOX_ラフ.jpg


参りましたね。

もうすでにかっこいいじゃないですか。

これがいわゆる「大ラフ」というもので、イラストのスタートラインです。

大きいレイアウト、これはつまりキャラクターを大勢配置できるという訳です。

たまらないですね。


そして、次のステップがこちら!!


マジオペBOX_ラフ2.jpg



大ラフから、細かなキャラクターの配置、それぞれのポーズも決まっていきます。

ジブリールやソフィアのポーズが、大ラフから変わっているのもわかりますね。

これが「ラフ」というステップです。

タイトルロゴの想定置イメージ位置も変わっています。


ちなみに、僕は前職時代(印刷会社営業)に、デザイナーさんとの打合わせに同行

する機会があり、完成する入稿データの少し前の段階を見せて頂いたことはあります。

ただ、このような大ラフ、ラフという段階は滅多に見ることができないのです。

感動です。

入って良かった、星海社。


この流れを経てレイアウトが固まり、いよいよ次がこのステップ!!


マジオペBOX_all.jpg



「線画」、そして「彩色」という工程です。

ジブリールの顔や、わずかに出ている右手の肌色……「こうやって色を入れていくのか!」

という、すごく貴重な一枚。


ちなみに、編集・平林曰く、「描かれるキャラクターは、本編での登場頻度によって選ばれた

訳ではない」ということです。

また、それぞれのキャラクターの配置にも意味があるそうですので、ファンの皆さんは

是非そのあたりにもご注目いただけましたら幸いです。


こうしてメインイラストは完成に近づいていきます。

そして、実はそれに平行してデザイン作業もスタートしています。

デザイナー・川名潤さんの登場です。


川名さんが施すデザインとは……というところで次回に続く訳ですが、

どんなデザインになるのか、ヒントをひとつ。


はこ.jpg



それでは、次回更新をお楽しみに!

更新は26日月曜日を予定しております。

遂に、仕上がりもお目にかけることができると思いますので、どうかご期待下さいませ!


今後ももちろん、『最前線』及び『最前線』公式アカウントツイッターまたは編集担当・平林

および広報・築地ツイッターでも随時最新情報をお知らせしていきます!


(written by 築地 教介



本文はここまでです。