ここから本文です。

カテゴリ: 編集部より

記事カテゴリ:夜の最前線

店員「お会計711円になります」 ぼく「ちょうど出します(ドヤァ!)」

こんばんは、星海社の今井雄紀です。

今日も今日とて、ブログを書いております。

 

毎日ブログを書くとだんだんネタも枯渇してくるもんでして、

今日は書き始めた今になってもまだ、ネタが浮かんでおりません。

 

先輩に助けを求めようかと周囲を見渡しても、

今日は不夜城のはずの星海社編集部が異例の早じまい。

いかんともしがたい状況でございます。

 

さて何について書くか。

そういえば先日、「夜中に夜食を買ってきて、それをレポートするのはどうだろう」と、

ふと思いついたことがありました。コンビニグルメレポートですね。

でも、普通にやっては面白くない。

 

なので、何か制限を加えてはどうかと。

例えば「コンビニ1000円豪遊」。

1000円でどこまで幸福指数をあげられるかを、

連載で追求していく企画ですね。

これは、さっきのより悪くなさそうです。

悪くなさそうですが、もうひとひねり欲しい。

 

ストーリーが欲しいですよね。

タイトルを聴いた時に「おーおもしろそう!」と思ってもらえる、

シンプルなストーリーが。

 

そこで思いついたのが、「711円のしあわせ」です。

会社から一番近いコンビニがセブンイレブンなんですが、

夜中に711円握りしめて行って、きっかり使ってくるという、そういう企画です。

 

これなら、ストーリー性・ゲーム性もあるし、

意外な組み合わせの発見ができれば盛り上がりそうです。

お会計の時、店員さんにドヤ顔をかますこともできます。

 

ということで、そのうち「711円のしあわせ」を、実施させて頂きます。

 

おもしろくなかったら1回で辞めますので、

既に不安を感じているみなさん、ご安心ください。

 

もっともっとこうやって、

ひとりアイデア出しをやらなきゃですね。

 

ではでは、よい夜を、お過ごしくださいませ。

(written by 今井雄紀



本文はここまでです。