ここから本文です。

カテゴリ: 編集部より

記事カテゴリ:夜の最前線

10分で書く

「早く帰るんだ!!」という太田副社長のホワイト命令により、

あと10分で帰らないといけないので、今日は10分でブログを書きます。

 

時間の感覚というのは、状況によってまるで違うものですね。

 

今、ボクにとっての10分はとても短いわけですが、

これが瞑想とか、電車待ちとかであれば、それはとても長い時間になります。

 

この差は、時間を追っているか、

時間に追われているかの差となるのでしょうか。

 

とかなんとか言っている間に、

所用ができたので一時退席……。

 

PCの前に戻ってきました。

2分のロスです。

そして、なぜか再起動するPC。

(この文章は残ってました)

 

 

MacBook Airに本気だしてもらって30秒で起動。 

ああー、あと2分。

 

そうそう今日は、星海社FICTIONS新人賞の座談会をやりました。

ボクにとっては、初参戦(前回は見学)となる座談会です。

おかげさまで熱気にあふれた座談会になりました。

この模様は、文字起こしのうえ、後日最前線にて公開させて頂きますのでお楽しみに。

 

おっと、ここで10分経ってしまった……。

なんて脈略のない記事。

 

いっつも40分~1時間ぐらいかけてるので、

けっこう如実に差が出てるかと思います。

 

では、また明日お会いしましょう。

(written by 今井雄紀



本文はここまでです。