ここから本文です。

カテゴリ: 編集部より

記事カテゴリ:朝の最前線

『累』、そして『誘』が生まれるまで。松浦だるまさんインタビュー同行記

広報の築地(@seikaisha_kt)です。
12月初旬、ある作家さんのインタビューに同行させて頂きました。
その作家さんは、松浦だるま(@darumaymさん。
美醜をテーマにした衝撃的な連載漫画『累』イブニングにて連載中)、そしてその『累』の前日譚を小説という形で表現した『誘』
両者の生みの親が、松浦だるまさんです。もう説明不要かもしれませんよね。
星海社FICTIONS『誘』は12月15日、遂に発刊となりました。
そしてとても有り難いことに、この発刊を機に、松浦さんへのインタビュー企画のお話を頂きました。僕にとってはさらに有り難いことに、そのインタビューに同行することができたのです。
松浦さんが自らの作品を、ご自身の言葉でどう表現するのか、とても興味深く聞かせて頂きました。

今回、日本出版販売株式会社の「新刊展望」編集部の方からインタビューのお話を頂きました。
「新刊展望」の方に加え、コミックスをご担当されている方も同席頂き、『累』『誘』両方にまつわるインタビューをして頂きました。
驚いたのは、ご質問頂いた内容の深さです。自分が言うのもおこがましいですが、本当に細部まで読み込んでいらっしゃるという印象を受けました。
そのご質問に、松浦さんはひとつひとつ言葉をじっくり選びながら、とても丁寧に回答されていました。漫画と小説の表現の違い松浦さんのルーツあっと驚く創作秘話など、それはそれは内容の濃いインタビューでした。

さて、その濃密なインタビューに加え、サイン色紙の企画もご用意頂いておりました。
ここでも驚きが待っていました。

松浦さん、持参の筆ペンをひょいと取り出して……

ん……? えっ……!!


な、なんとほぼフルバージョンのイラストを描き上げてるじゃないですか! 
僕はお名前のみのサイン、まあ少しイラストが入るのでは、くらいのイメージを持っていたのですが、いやいや大変失礼致しました。
そして、描き上げるスピードが速いのなんのって。なんとなくこの写真の筆の動きでわかりますでしょうか。シャシャシャシャ……みたいな。
その場にいた日販の方々も「おおおお!」と驚嘆しておりました。

こうして出来上がりましたサイン色紙がこちらです。


か、かわいい。正直、すごく欲しいです。豪華なサイン色紙ですね。

こちらの色紙をご希望の方は、日販さんのオンライン書店「Honya Club.com」のプレゼントキャンペーンにて応募受付中です。ぜひ、応募してください。ちなみに、お気づきの方がいらっしゃるかもしれませんが、先にお見せした描き上げ中のイラストは、このプレゼント色紙イラストとは違うイラストなのです。その色紙もお見せしたいところですが、また別の機会のお楽しみということで。


当日のインタビューは、新刊展望」2015年2月号に掲載予定です。楽しみにお待ちください。

さて、最後にもうひとつ。
松浦だるまさんのインタビュー、実はもうひとつ別の企画があります。
そちらのインタビューもすでに実施してきました。こちらも素晴らしい内容のインタビューとなっております。こちらの情報に関しては、最前線や松浦さんのツイッター等をチェックしてみてください。そろそろお伝えできるかもしれません。楽しみにお待ちください。
それでは。


星海社FICTIONS『誘』

著者:松浦だるま

定価:1150円(税別)

ISBN:978-4-06-139910-5

発売日:発売中

(written by 築地 教介



本文はここまでです。