ここから本文です。

カテゴリ: 編集部より

記事カテゴリ:朝の最前線

編集者、島を買う

今朝の一言

 

「履歴書はその会社との一期一会だと思って書け」

 

『フリーター、家を買う』有川浩

 

おはようございます。

アシスタントエディターの岡村です。

 

『BRUTUS』の最新号を買いました。

715.jpg

今号のテーマは

「たとえば、いま、あなたが都会を離れて島で暮らすとしたら。」

 

夏の猛暑の時期には「寒さには耐えられるが暑さはもう無理!」と思い

冬の極寒の時期には「暑さは我慢すればいいが、寒さは下手したら死ぬ!」と思うように

都会で働き暮らしている人が田舎に憧れる

つまり現状と真逆のものを求めるのは、ある意味必然だと言えます。

 

ヒートアイランド現象絶賛具現化中の護国寺にいる僕がこんな本を

見つけたら、抗えず買ってしまうのは仕方のないことでしょう。

 

で、どの記事もとても興味深かったのですが、

その中でも特に、「島の値段」がおもしろかった。

 

買えるんです。無人島が。

安いのは2000万から。

首都圏のマンションを買うよりも、いい血統のサラブレッドを買うよりも

よっぽど安い。

 

しかも“買える無人島”を紹介する不動産屋があるじゃないですか。

 

こりゃ、ヒット作を担当して稼ぐか、競馬で一山当てて無人島を買うしかない!

目指せ真賀田家!、追い越せ右代宮家

 

 

 

 

……真面目に働きます。

(written by 岡村邦寛



本文はここまでです。