ここから本文です。

カテゴリ: 編集部より

記事カテゴリ:朝の最前線

週末の1冊

今朝の一言

 

「全部 妹の権利じゃん!」

 

多華宮 霞

『ウィッチクラフトワークス』水薙 竜

 

おはようございます。

アシスタントエディターの岡村です。

 

竹村さんのことを「マイルド」とか言って騙されていた岡村です。

今度、おっ○いの話を振ってみよう。

 

閑話休題。

 

週末に読んで面白かった本の話を一つ。

 61Ft6il6y8L._SL500_AA300_.jpg

『軍靴のバルツァー』

 

来た……。来ましたよ……。プロイセン漫画が!

大学ではフランス史を研究していたにも関わらず

プロイセンが大好きな私です。ビスマルクとか大ファンです。

 

『軍靴のバルツァー』は架空の19世紀ヨーロッパを描いてるわけですが

主人公の祖国「ヴァイセン」のモデルはプロイセン(であるはず)です。

 

プロイセン(ドイツ)は第2次産業革命後にアメリカと並んで劇的な成長を遂げ、

「パックス・ブリタニカ」時代のイギリスに挑戦していく、という熱い展開をみせる

国なのですが、あまり漫画や小説の題材として使われていません。

 

昔から、世界史の中でも外交と政略がもっとも華やかな時代が帝国主義時代

であり、その時代に最も色々とやらかした国がプロイセンだと考えていたので、

モチーフにすればおもしろいのでは……と思っていたわけですが、

やってくれましたね。コミック@バンチさん……!

しかしログの更新頻度では絶対に負けん!

こっちは「朝・昼・晩」の1日3回だっ!

 

……それはさておき、2巻楽しみにしてます~。

(written by 岡村邦寛



本文はここまでです。