ここから本文です。

カテゴリ: 編集部より

記事カテゴリ:お知らせ

『青春離婚』星海社FICTIONSより発売決定!

かねてより読者のみなさまからの単行本化の希望が多かった、紅玉いづきさん(@benitamaiduki)の短編『青春離婚』なのですが、この度書き下ろしの新作を二篇加えて星海社FICTIONとして一冊にまとめることになりました!

 

 

カバーはもちろんHEROさん(@dka_hero)による描き下ろし!

 

この作品は、かれこれ最初にカレンダー小説として『最前線』に掲載されてからずいぶんいろいろとありましたので、これまでの流れを簡単にご説明しましょう。

 

■2011年11月22日

カレンダー小説『青春離婚』掲載&コミカライズ版『青春離婚』連載開始

 

  

 

最初は、特定の日にちなんだ小説をその日から期間限定で掲載する『カレンダー小説』企画の一篇として書かれた作品でした。11月22日は「いい夫婦の日」で、いまでもこの日になるとTwitterでちらほらと『青春離婚』について書いて下さる方がいるのが担当として嬉しかったりします。

さらにイラストを担当して下さったHEROさんによるコミカライズ版の連載が同日よりスタートしました。HEROさんにとっては初の原作付きの作品となりました。

以前にもどこかで書いたと思うのですが、カレンダー小説用のイラストのラフとともに唐突に送られてきたマンガの原稿を見た時の衝撃を未だ忘れることが出来ません……。

ちなみに『最前線』では今でも四話までは無料でお読み頂けます

気になる方はぜひ単行本発売までにご覧になってお待ち頂ければと思います。

 

■2012年7月12日

『星海社カレンダー小説2012(上)(下)』発売

 

 

2011年〜2012年中旬までに発表された『カレンダー小説』を上下巻にまとめて星海社FICTIONSより発売しました。こちらの下巻に『青春離婚』が掲載されたので、目当てで購入して下さった方もいらっしゃるのではと思います。

 

■2012年9月9日

コミカライズ版『青春離婚』発売

 

 

コミックスの単行本は連載8回分と、描き下ろし一篇を加えて星海社COMICSより発売しました。連載版と同じくフルカラーで制作したので、実は他の星海社COMICSと違って少し良い紙が使われていたり。HEROさんには切なさ全開なカバーイラストを描き下ろして頂きました。

 

■2014年6月12日

星海社FICTIONS版『青春離婚』発売!

というわけでコミカライズ版から約二年ほどお待たせしてしまったのですが、ついに小説版も単行本化することとなりました。

書き下ろしの二篇も、表題作『青春離婚』とおなじく八木商業高校を舞台に描かれていますので、『青春離婚』のファンの方にはより一層楽しんでいただけるはずです。

そして今回、紅玉さんから発売にむけてのコメントも頂きましたので、こちらに掲載させて頂きます!

 

最初に『青春離婚』を書く時、「高校生はほとんどスマートフォンを持っていないので、アプリを広めるのは難しいかも」と言われたのを覚えています。でも、こうして一冊にまとめる今、「ガラケーを持っている高校生の方が珍しいですよ」とTwitterで教えてもらいました。

青春の速度は目眩がするほど速くて、切り取ることは難しいです。でも、もどかしくて、息苦しくて、苦くて甘い、そんなあの頃の話を書きました。

みんなが携帯に隠している秘密のような、恋の話です。

 

それでは発売まであと少し、今暫くお待ち下さい!

 

青春離婚

発売日:2014年6月12日(木)発売

(発売日は地域によってことなります)

定価:1250円+税

 

新しい時代のわたし達は、指先から恋をする——。

同じ名字に、同じクラス。春に進学したばかりの八木商業高校で、偶然に出逢ってしまった“佐古野”郁美と“佐古野”灯馬。すぐにクラスメイトから「夫婦」とはやしたてられるようになり、憂鬱な日々を過ごしていた郁美だったが、ある日、灯馬のアイディアで、ふたりは夫婦の秘密を共有することになる――。

星海社ウェブサイト『最前線』にて“いい夫婦の日(11月22日)”に公開され、イラストを担当したHERO自身のコミカライズでも話題を呼んだ表題作に書き下ろしを新たに二篇加え、ついに単行本化。

今、スマートフォンを通じて掌(てのひら)の中にある恋を描いた、紅玉いづき×HEROのタッグで贈る最新作。



本文はここまでです。