ここから本文です。

カテゴリ: 編集部より

記事カテゴリ:お知らせ

星海社文庫『灰燼のカルシェール』発売!

こんばんは。編集の岡村です。

今回は、昨日発売された星海社文庫

『灰燼のカルシェール −What a beautiful sanctuary−』

を紹介します。

 

ジュネかわいいよ綺麗だよ美しいよジュネ!!

失礼。ジュネさん(表紙の女の子)のあまりに完璧なヒロインっぷりをお伝えするために、思わず叫んでしまいました。

 

この『灰燼のカルシェール』、詳しく説明していきますと『殺戮のマトリクスエッジ』『PHYCHO-PASS 追跡者 縢秀星』『Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ』など現在大活躍中の桜井光さんがシナリオ担当のPCゲーム「スチームパンク・シリーズ」に連なる作品です。

 ※「スチームパンク・シリーズ」に関する詳しい情報は下記HPへどうぞ!

http://www.steampunkseries.com/

 

ここまで読んで

「そのスチームパンク・シリーズをプレイしたことないんだけど……」

と心配されているそこのあなた。

大丈夫だ、問題ない。

『灰燼のカルシェール』単体できっちり作品として成立しており、スチパンシリーズ未プレイでも、すんなり物語に入れます。

さらに巻末には「年表」と「用語集」もついていますので、スチパンを知っている人は「ニヤリ」とでき、知らない人にはむしろシリーズの入門偏としてオススメできる小説となっております。

[年表(一部)]

 

さて本書ですが、昨年ニトロプラスブックスさんから発売された同名書籍の文庫化となります。

ニトロプラスブックス版は小説+サウンドトラックCDで、こちら(http://nitroplus.ecq.sc/book/np00952.html)から購入可能です。サントラ、超かっこいいよ!

 

ニトロプラスブックス版のAKIRAさんの素晴らしいカラー・モノクロイラストはもちろんのこと、かなり凝って作られた背景デザインや小物イラストも完全踏襲しております。

[カラーイラスト(例)]


[モノクロイラスト(例)]

 

[背景デザイン(例)]

 

[小物イラスト(例)]

 

終わりに、肝心の物語の内容ですが

 

最後に残された“人”、青年・キリエと少女ジュネが生きる“美しい終末世界”

 

となります。

 

これ以上の内容説明は、僕の駄文では野暮となってしまいますので

是非、直接お読みになってご確認くださいませ。

 

それでは!

 

『灰燼のカルシェール −What a beautiful sanctuary−』

(written by 岡村邦寛



本文はここまでです。