ここから本文です。

カテゴリ: 編集部より

記事カテゴリ:お知らせ

『星海社カレンダー小説2012』上下巻で本日発売!

2011年「七夕」の星海社一周年をきっかけに、「十五夜」「敬老の日」「塾の日」「いい夫婦の日」「大晦日」「猫の日」「ホワイトデー」と、実に様々な記念日で、思い出深い作品を残してきた、『最前線』でも屈指の人気企画「カレンダー小説」が、無事一年を迎えた記念としてこの度二冊の本にまとまりました!(Amazon・上巻下巻

 

  

 

各巻のラインナップは以下の通り(敬称略)。

■上巻

2/22 “猫の日”『私の猫』十文字青
3/14 “ホワイトデー”『ならないリプライ』小泉陽一朗
3/14 “ホワイトデー”『森川空のルール 番外編』ミタヒツヒト
7/7 “七夕”『星の海にむけての夜想曲』佐藤友哉 

■下巻

9/13 “十五夜”『月のかわいい一側面』犬村小六
9/17 “敬老の日”『親愛なるお母さまへ』渡辺浩弐
10/9 “塾の日”『おじいちゃんの小説塾』滝本竜彦
11/22 “いい夫婦の日”『青春離婚』紅玉いづき
12/31 “大晦日”『下界のヒカリ』泉和良 

 

これだけバリエーション豊かで読み応えのあるアンソロジーもなかなかないのでは、と自分の編集部の本ながら思ってしまうほど、個性溢れる顔ぶれの、色とりどりな上下巻。

ちなみにこの丸くくりぬかれた可愛らしいカバーのデザイン、本書のデザインを担当して下さったVeiaさん謹製のカレンダーから来ているという裏話もあったりします。昨年末に頂いたので僕も自宅で愛用しています。写真があれば良かったのですが現物が見つからなかったのでまたの機会に。

 

なお、上巻に収録されている佐藤友哉さんの『星の海にむけての夜想曲』は、同日に星海社FICTIONS版が連作短編として発売されますので、佐藤友哉さんのファンはこちらもチェックですよ。(Amazon

 

 

また、カレンダー小説掲載と同時に連載を開始したHEROさんによるコミカライズ版『青春離婚』の原作はこちらの下巻に収録されています。「いい夫婦の日」の限定公開を見逃した! またはGumroad版を買い逃した! という方はようやくの書籍版発売となりましたので是非この機会にお買い求め下さい。

 

=====

 

今月は新書もあわせて九冊刊行となったので、先月末は怒濤のような校了ラッシュでした。

Veiaさん、凸版印刷さん、先月は特にお世話になりました……。

 

さて、ここからは絶賛進行中の栗山千明の新月朗読館に向けてスパートかけていきますよ。

 

 

続々とufotableさんから上がってきている仮ムービーをチェックしているのですが、やばい、やばいね……。

準備段階のあれやこれも、本当にやばい、やばいよ……。

 

この週末にもブログなどで色々と情報を出していければと思っております。

当日の配信前はトイレに必ず行って、電気は消して、ヘッドホンをして楽しんで下さいね……。

“最高”で“最恐”の夜を、みなさまにお届けしたいと思いますので、どうかご期待下さい。



本文はここまでです。