ここから本文です。

カテゴリ: 編集部より

記事カテゴリ:お知らせ

大間九郎が『最前線』に初登場! 5月1日よりカレンダー小説『メイ・デイ』限定公開

こんばんは。アシエディ林です。

芝村裕吏さんの『マージナル・オペレーション』のスピンオフ作品『マフィアの日』、渡辺浩弐さんの『吐田家のレシピ#2 サニーサイドアップ』に続く、カレンダー小説第16弾が決定いたしました!

3月、4月、5月と怒濤の3ヶ月連続のカレンダー小説公開です!!

 

なんとライトノベル界の新鋭・大間九郎さんが『最前線』に初登場! 

大間さんは『ファンダ・メンダ・マウス』で「このライトノベルがすごい!」大賞栗山千明賞を受賞し、デビュー。

以降、『オカルトリック』などの問題作を世に問うてきた異能の持ち主です。

 

そんな大間さんが登場するのは、5月1日。 そう、メーデー。

そして、タイトルも『メイ・デイ』


 

どんな作品なのか、詳細は読んでいただくとして……

〈魔女〉そして〈小説〉がキーワード。                         奇才・大間九郎の技が冴える、読み応えたっぷりの短編となっております。

 

そんな『メイ・デイ』を彩るイラストを描いて下さったのは、その独特の魔力を帯びたタッチで注目されるイラストレーター・スオウさんです!

 

奇才と俊英のコラボレーションで、どんな世界が現出されるのでしょうか……。

 

カレンダー小説『メイ・デイ』の公開は5/1〜5/15

ゴールデンウィークに予定のない皆さん! 『最前線』は皆さんの味方です!

予定で埋まっているというリア充の皆さん! 遊びに行く前に読んだ方がいいですよ!

 

というわけで、大間九郎×スオウ『メイ・デイ』に、どうかご期待下さいませ。

(written by 林 佑実子



本文はここまでです。