ここから本文です。

カテゴリ: 編集部より

記事カテゴリ:昼の最前線

アテネ文庫が復刊していた……

好きな埴輪は円筒埴輪!
装飾古墳について調べなきゃなーと思っているアシスタントエディターの平林です。
何を隠そう、僕は古墳大好きです。いつかココロ社さんとは古墳についてじっくり語らないといけない! 

 

さて、先日のエントリでご紹介したアテネ文庫なのですが、実は復刊していたことが判明しました。ジュンク堂・丸善限定復刊だとか。

僕の欲しかった幸徳秋水『東京の木賃宿』も40冊の復刊書目の中に入っているんですが、いかんせん高い。

A4判全紙1枚を折って、表紙をつけた簡便な造本で創刊当初30円という単価が持ち味だったのに、いくら復刊とはいえ800円は流石にちょっと個人では出せないなぁ。図書館が年間予算で購入するにはいいと思うんですが。

というわけで、僕は古書店をぶらついて出会いを待つことにします。

 

なんか僕のエントリを読んで柿内さんも買ったみたいで、星海社でちょっとしたアテネ文庫ブームの予感……。

101026_1807~01.jpg

(written by 平林緑萌



本文はここまでです。