ここから本文です。

カテゴリ: 編集部より

記事カテゴリ:昼の最前線

星海社文庫・COMICS・FICTIONS9月刊ラインナップを一挙にご紹介!

みなさん、こんにちは。

最近、コンビニでいも・栗・かぼちゃのスイーツが発売されていて幸せ!

広報のみさみさです。

 

今日は、星海社9月刊をお伝えしたいと思います!

<星海社COMICS>

星海社COMICS『空の境界 the Garden of sinners 4』

著者/天空すふぃあ 原作/奈須きのこ キャラクターデザイン原案/武内崇

定価:600円(税別)

ISBN:978-4-06-369517-5

 

そこは 死者しか到達しえない世界 生者では観測できない世界

二年前のあの雨の夜の事故の以来、果てのない「 」の中で眠り続ける

式を見守る黒桐と、謎の人形作家・蒼崎橙子の出会いが導く新たな謎!

式の“直死の魔眼”の誕生秘話が語られる『空の境界』第四章「伽藍の洞」編、開幕。

>>ご予約はこちら<<

 

 

星海社COMICS『アニウッド大通り 1』

著者/記伊孝

定価:600円(税別)

ISBN:978-4-06-369516-8

 

助言女子で男子クリエイターは育つ!!

助言女子すばらしいっ!!

『アオイホノオ』(ゲッサン・小学館)の島本和彦も燃えた!

昭和50年代、子どもたちの夢のすべてがアニメに描かれていた頃、主人公・真駒樹貴(まこまたつき)の父はアニメ監督だった──!

かつてアニメが荒々しく熱を放ち続けていた時代の製作の現場と 、 その家族によって紡がれる群像劇を情熱的に描いた、

記伊孝渾身の意欲作、電子書籍(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)による出版を経て、ついに単行本化!

これは、俺たち家族と、お父ちゃんの......創作(ゆめ)にまつわる物語である。

 >>ご予約はこちら<<

 


<星海社文庫>

星海社文庫『ジハード5 集結の聖都』

著者/定金伸治 Illustration/えいひ

定価:840円(税別)

ISBN:978-4-06-138975-5

 

聖都イェルサレムは、リチャード獅子心王率いる第三次十字軍によって包囲された。

これまでの心労が祟ったサラディンは病に倒れ、心身に傷を負ったヴァレリーも陣頭に立てない状態にあった......。

打つ手がないまま窮地に追い込まれたイスラム陣営に対し、十字軍へと走ったかつての仲間、

〈蒼狼〉キヤトの軍略が牙を剥く──。定金伸治の贈る名篇、危殆の第五弾!

 >>ご予約はこちら<<

 

<星海社FICTIONS>

星海社FICTIONS『約束の国 1』

著者/カルロ・ゼン Illustration/巖本英利

定価:1,350円(税別)

ISBN:978-4-06-139904-4

 

ヒルトリア社会主義連邦共和国──党と国家機構が融合し、“兄弟愛と統一”のスローガンの下、

五民族・五共和国が薄氷の上に共存共栄する共産主義国家に時を越えて舞い戻ったダーヴィド・エルンネスト。

過去か未来か、“共産主義”か“民族自決”かの二者択一の正解を求め、ダーヴィドは仲間と共に、ヒルトリア連邦人民軍で栄達を重ねていく……。

『幼女戦記』のカルロ・ゼンが贈る“共産主義英雄譚”開幕──。

>>ご予約はこちら<<

 

 

星海社FICTIONS『スカーレッドライダーゼクスゼノン Scared Rider Xechs XENON』

著者/永川成基 Illustration/pako 監修/レッド・エンタテインメント

定価:1250円(税別)

ISBN:978-4-06-139905-1

 

第五戦闘ユニット、全滅。

紅の世界と呼ばれる異世界から現れた侵略者【ナイトフライオノート】。

世界を救えるのは、若き司令官萌黄アキラ率いる第五戦闘ユニット・SR5だけ──のはずだった。

過酷な戦いの果てに、次々と命を散らしてゆくライダーたち。世界が終わろうとしたその時、アキラがとった選択とは!?

人気キャラクター甘粕ソーイチロウの目線から語られる、もうひとつのスカーレットライダーゼクス。

>>ご予約はこちら<<

 

 

星海社FICTIONS『アリス・エクス・マキナ01 愚者たちのマドリガル』

著者/伊吹契 Illustration/大槍葦人

定価:1400円(税別)

ISBN:978-4-06-139903-7

 

高性能アンドロイド・アリス──その普及に伴い、彼女たちの人格プログラム改修を行う“調律師”たちも、あちこちに工房を構えるように なっていた。

ある日、そんな調律師の一人である朝倉冬治の工房を、一体のアリスが訪ねた。

ロザと名乗ったその機巧少女(アリス)は、一五年前に別れた冬治の幼馴染・永峰あきらと瓜二つの外貌を持っていた。

戸惑いながらも他人の空似かと思う冬治だったが、あきらを想起させる行動を繰り返すロザに対し、次第に疑念を募らせていく。

彼女(ロザ)は一体、あきらとどのような関係にあり、何のために工房を訪れたのか......。

星海社FICTIONS新人賞選考会で絶賛を浴びた、美しくも哀しき抒情詩、装画に大槍葦人を迎え、遂に刊行──。

>>ご予約はこちら<<

 

現在、書店特典などを進行中です! 続報をお楽しみに!!

それでは、今日はこの辺で(・∀・)ノ

 

 

 



本文はここまでです。