ここから本文です。

カテゴリ: 編集部より

記事カテゴリ:お知らせ

祝・安倍吉俊デビュー20周年! 安倍吉俊自選による画集、一挙3タイトル刊行!

広報の築地(@seikaisha_kt)です。

 

すべての安倍吉俊ファンのみなさま、お待たせしました。

 

祝・安倍吉俊デビュー20周年! 安倍氏自選による画集、一挙3タイトル刊行! 

 

『祝祭の街 明  -Lightness-   安倍吉俊デビュー20周年記念自選画集』

『祝祭の街 暗  -Darkness-   安倍吉俊デビュー20周年記念自選画集』

『祝祭の街 素  -Sketches&Drawings-   安倍吉俊デビュー20周年記念自選画集』

 

ようやくブログにてお伝えすることができます。僕は広報という立場ですが、今回、初の編集という立場で携わる機会を頂きました。副担当という立ち位置で、たくさんのアドバイスをもらいながら、なんとかここまで辿り着きました。まさに右往左往の日々……。ちょっと吐きそう……。

しかしその甲斐あって、安倍吉俊さんの20年というとてつもない足跡を辿る、まさに記念碑的な作品に仕上がりました。

ここから、一挙情報公開です。

 

まずは……書影、初公開!

『祝祭の街 明  -Lightness-   安倍吉俊デビュー20周年記念自選画集』

著者:安倍吉俊

定価:3300円(税別)

ISBN:978-4-06-219713-7

発売日:2015年8月31日 *発売日は、お住まいの地域によって異なります。

 

『祝祭の街 暗  -Darkness-   安倍吉俊デビュー20周年記念自選画集』

著者:安倍吉俊

定価:3300円(税別)

ISBN:978-4-06-219714-4

発売日:2015年8月31日 *発売日は、お住まいの地域によって異なります。

 

『祝祭の街 素  -Sketches&Drawings-   安倍吉俊デビュー20周年記念自選画集』

著者:安倍吉俊 

定価:3300円(税別) 

ISBN:978-4-06-219715-1

発売日:2015年9月8日 *発売日は、お住まいの地域によって異なります。

 

この圧巻のカバーイラスト。もちろんすべて、安倍さんによる今回の画集への描き下ろしイラストです。テーマはタイトルにも記されている「街」。自身の20周年を祝うかのように「祝祭の街」と銘打ったこの街は、安倍さんのイメージのなかに構築された、この世に存在しない「架空の街」です。安倍さん曰く、ご自身のなかには常に「どこかの街」が存在するようで、夢などにも頻繁に出てくるそうなんです。そんな安倍さんに、今回のカバーイラストを描くうえで、どんなことを意識されて描かれたのか、コメントを頂きました。

 

プロになって最初の10年くらいの間、「同じ構図をとらない」という事を強く意識して絵を描いていました。もちろんごく基本的な構図にまでこれを当てはめてしまうと何もできなくなってしまうのですが、「同じ事を繰り返しているとそこで止まってしまう」「得意を封じないと工夫が生まれない」という思いが強くあり、常に自分が描こうと思っているものに対して遠回りしながらにじり寄ってゆくようなやり方をしてきました。 
 10年目を過ぎた頃から、描いた事のない構図を選ぶと、自分の発想の中ではどうやっても最善の見せ方にできない、というような行き詰まり感を感じるようになりました。同時に、構図を考える事が苦痛で、一番時間のかかる作業になってきました。
 そんな中で、ある日突然、自分は「繰り返しをしない」という繰り返しに陥っているのだと気付きました。
 この頃から少しずつ、過去を反復するような要素を絵に含める事を容認するようになったのですが、プロになって20年目となる今回のカバーで、おそらく初めて、そういった制約をなくして、自分の得意なもの、好きなもので画面を埋め尽くすような気持ちで絵を描きました。
 描いてから気づいたのですが「自分の好きなものだけで画面を構成する」というのも結局は制約で、つくづく自分は制約から逃れようとする時にしか自分の指向性を明確にできないのだなと思いました。要はものぐさで、不快でない限りはその場にとどまって動かない性格なのです。
(安倍吉俊)

 

安倍さんのコメント、味わい深いですよね。安倍さんの独特の表現が興味深く、安倍さんの頭のなかを覗き見するような感覚で、何度も読み返してしまいます。

さて、こういった安倍さん自身の肉声とも言えるコメントは、今回の画集に多数収録されています。この点も含め、画集の見所をお伝えしていきます。

 

ー『明』『暗』『素』という3つのカテゴリにて、安倍吉俊「自選」のイラストを収録

膨大なアーカイブのなかから、時間を掛けて安倍さんご自身に今回の画集へ収録するイラストを選んで頂きました。選んでいくご自身の心境は、各タイトルの冒頭に記載のメッセージに込められています。今回の画集3タイトルで、安倍吉俊というクリエーターを細部まで知ることができます。 

 

ー自身初の「素描集」を刊行

お聞きした時は意外でしたが、これまでの安倍さんのキャリアのなかで素描だけをまとめたタイトルが無かったそうなのです。今回の『祝祭の街素〜』が、自身初の「素描集」です。安倍さんの緻密で繊細な素描イラストを、限りなく原画に近い形で誌面再現しています。ぜひご覧ください。

 

ーA2サイズに描き込まれた描き下ろしカバーイラスト

カバーイラストを頂いた瞬間、編集部一同、おおいに沸きました。とんでもないものが完成した、と。細部の描き込みの凄まじさ、現実離れした世界観、魅惑的な登場人物etc……イラストの全貌は、それぞれ巻頭に収録されているピンナップで堪能できます。カバーデザインと見比べながら、存分にお楽しみください。 

 

ー見応え、そして読み応えのある画集

デザインをご担当頂いたVeia(ヴェイア)さんによる、ページ構成やカバーデザインもこの画集の大きな魅力のひとつです。イラストは、例えば年代順に並んでいるのではなく、どこかストーリー性を持ちながら、ページをめくっていくうえで眺めやすく心地よい構成になっています。そして、カバーデザインの大胆な構成にもぜひ注目してください。『暗』の大胆な人物配置や、『明』『暗』の素描をコラージュした『素』 の場面場面の切り取り方など、絶妙です。

そして「読み応えのある」という点。これは収録イラストへの安倍さんのコメント、そして巻末収録の語り下ろしインタビューが、とにかく「おもしろい」のです。安倍さんの表現する「ものの例え」や、各コメントの「オチ」など、中毒性がある文章になっています。ぜひこの点もご堪能ください。 

こういった点に加え、もちろん、印刷クオリティも自信を持ってお届けできる仕上がりになりました。

 

この画集を進めていくうえで、安倍さんとは何度もお会いしました。この数ヶ月、僕自身「世界でもっとも安倍さんの絵を見ていた人間」という自負があります。目の前にいるのが「あの『lain』の安倍さんだ……。」というミーハーかつ不思議な感覚は最後まで拭えず、こんな記念碑的な作品に自分が関わってしまってよいものだろうか……という自問自答を繰り返しながらの毎日でした。

そのなかで、僕自身の至らなさから、『祝祭の街 素  -Sketches&Drawings-   安倍吉俊デビュー20周年記念自選画集』が、ほか2タイトルより遅れて発売となってしまいます。お待ち頂いているみなさまに、この場を借りてお詫び申し上げます。時間を頂いた分、喜んでもらえるような作品にしてお届けしますので、3タイトルとも、楽しみにお待ちください。

 

さて、次にお届けする情報は、3タイトルに頂いた豪華推薦コメントです! 

もちろん3名の方に、それぞれのタイトルの帯にコメントを頂いております。 

その3名が、とてつもなく豪華……!

間を置かずにブログにて公開しますので、こちらもお楽しみに!

 

『祝祭の街 明  -Lightness-   安倍吉俊デビュー20周年記念自選画集』

著者:安倍吉俊

定価:3300円(税別)

ISBN:978-4-06-219713-7

発売日:2015年8月31日 *発売日は、お住まいの地域によって異なります。

 

『祝祭の街 暗  -Darkness-   安倍吉俊デビュー20周年記念自選画集』

著者:安倍吉俊

定価:3300円(税別)

ISBN:978-4-06-219714-4

発売日:2015年8月31日 *発売日は、お住まいの地域によって異なります。

 

『祝祭の街 素  -Sketches&Drawings-   安倍吉俊デビュー20周年記念自選画集』

著者:安倍吉俊 

定価:3300円(税別) 

ISBN:978-4-06-219715-1

発売日:2015年9月8日 *発売日は、お住まいの地域によって異なります。

(written by 築地 教介



本文はここまでです。