ここから本文です。

カテゴリ: 編集部より

記事カテゴリ:昼の最前線

『大日本サムライガール 』4社合同展開決定! コミカライズ版やスピンオフノベライズ版も! 

広報のみさみさです。

 

今日は、至道流星の本気が迸る、“政治・経済・芸能”エンタテインメント

『大日本サムライガール 』4社合同展開についてのお知らせがございます〜〜!

 

 

な、なんとこの度、星海社・秋田書店・KADOKAWA・講談社 4社合同展開スタートが決定しました!

コミカライズ版やスピンオフノベライズ版など『大日本サムライガール』をもっと楽しむことができますよ。

それでは、紹介いってみよう♪

■秋田書店、KADOKAWA、講談社 刊行作品紹介

 

【秋田書店】コミカライズ

『大日本サムライガール』

漫画/佐藤健悦(代表作『聖痕のクェイサー』等)

原作/至道流星

内容紹介/『聖痕のクェイサー』の佐藤健悦が小説版を完全コミカライズ!

       チャンピオンREDいちご(発売/秋田書店)にて好評連載中!!

       http://www.akitashoten.co.jp/red-ichigo

 

 

【KADOKAWA(富士見書房)】スピンオフノベライズ

『朝霧ちとせはへこたれない〜売れないアイドル活動日誌〜』

 著者/至道流星

 Illustration/ヤマウチシズ

 内容紹介/『大日本サムライガール』登場アイドル・朝霧ちとせが主人公。本編では描かれていないちとせの芸能生活を、至道流星自らスピンオフノベライズ!! 富士見L文庫より2014年9月13日(土)発売予定!!

       http://www.fujimishobo.co.jp/sp/L_novel/

 

 

【講談社】コミカライズ

『大日本サムライガール+』(仮)

 漫画/荒木宰(代表作『いつか、夜明けの空で待ってる。』等)

 原作/至道流星

 内容紹介/もし、天下無双の右翼アイドル・神楽日毬が学園生活を送っていたら――。 新増刊『ヤングマガジン・サード』にて2014年9月5日(金)連載開始予定!!

 

 

【星海社】星海社FICTIONS『大日本サムライガール 8』

著者/至道流星 Illustration/まごまご

定価:1,300円(税別)

ISBN:978-4-06-139900-6

発売日:2014年7月15日

 「あの女はダメです。絶対にダメです。近づかない方がいいに決まってます」

蒼通の裏切りによりメディア戦で大敗、世論の支持を失い窮地に追い込まれた日毬と大和同盟。劣勢を覆すべく、ひまりプロメンバー、CIA、公安の協力を得て反撃のチャンスを狙う颯斗のもとに、突如ふたりの美女が現れるのだが……。目的は政治の頂点、手段はアイドル――。至道流星の“政治・経済・芸能”エンタテインメント、同害報復の第8巻!!

 

どれも気になっちゃいますね。

【秋田書店】コミカライズ『大日本サムライガール』は、日毬ちゃんの活躍をイラストでみることができますよ。あの水着姿も表情も……たまらんです。 


【KADOKAWA(富士見書房)】スピンオフノベライズ『朝霧ちとせはへこたれない〜売れないアイドル活動日誌〜』は、まず題名が気になります。売れて! 売れて欲しいよ! ちとせちゃん!!! 

 

【講談社】コミカライズ『大日本サムライガール+』(仮)は、神楽日毬が学園生活を送っていたら――。って、一体どうなっちゃうんだろう。作中で日毬ちゃんは、同世代の男子とあまり会話をしないキャラクターとして描かれていますが……。実際あんなに有名で、スタイルがよい女の子が同じクラスにいたら、なかなか話しかけられないですよねw

あぁ。どれも早く読みたい。これからの展開にご注目ください!

 

さらに、『大日本サムライガール 8』の発売と合同企画を記念して、このwebサイト『最前線』にて小説・コミックスの無料公開を実施致します。

 

■星海社FICTIONS『大日本サムライガール』1巻全文 

URL:http://sai-zen-sen.jp/fictions/samuraigirl/(〜8月14日まで)

 

■星海社web漫画連載『大日本さむらいがーる劇場』全話 

URL:http://sai-zen-sen.jp/special/4pages-comics/samuraigirl/(〜7月21日まで)

 

■秋田書店『大日本サムライガール』コミックス1話  

URL:http://sai-zen-sen.jp/works/comics/samuraigirl-cmcs/01/01.html(終了日未定)

 

この機会を見逃すな!

それでは、広報みさみさからのお知らせでした〜♪



本文はここまでです。