傭兵と小説家

傭兵と小説家
  • 星海社FICTIONS
  • 著者: 南海 遊 Illustration/ TAKOLEGS
  • 定価: 900円(税別)
  • ISBN: 978-4-06-516698-7
  • 発売日: 2019年07月12日
  • サイズ: B6判

どでかい原石を見つけたな、と驚いた。

読み終えたとき、誰かに勧めたくなる一冊なのは間違いない。

──『幼女戦記』のカルロ・ゼン、大推薦!!


星海社FICTIONS新人賞受賞作、総ページ数800P越え。この才能を何としても世に問いたい!

驚きの星海社出血スペシャルプライス900円!!


──正暦(せいれき)1873年の春、俺は小説家と旅をした。

大陸横断鉄道が完成し、蒸気機関の煙が街を覆う高度成長の時代──教会が絶対的な権勢を誇るユナリア合衆教皇国では、傭兵稼業は時代遅れの仕事になりつつあった。教皇庁により勤め先を潰された一人の傭兵・ソードのもとに、国民的人気を博す小説家・バーダロンから依頼が舞い込む。それは地図に載らない魔の山にあるとされる「伝説の街」への旅路の護衛だった。互いを罵り合いつつも、徐々に絆を深めていく二人の旅は、やがて国家と教会を巻き込む謀略へと巻き込まれていく......


これは鉄の剣と、タイプライターの物語。

編集者コメント

800P越えの作品で、定価900円です。もう一度言います。800P越えの作品で、定価900円です。読んでもらいたいのでとっても安くしました。読んでくださいっっっ!!!(血涙)

星海社・岡村 星海社・岡村