編集部ブログお知らせ

2019年11月20日 15:32

『FGOミステリー小説アンソロジー カルデアの事件簿 file.01』、2020年2月発売決定!

スマホゲーム「Fate/Grand Order」初の"小説"アンソロジーが、星海社から刊行決定いたしました。
題材はもちろん----"ミステリー"。
FGOの世界に新たなる謎解きの饗宴を巻き起こすミステリー小説アンソロジー「カルデアの事件簿」が始動します!

「FGOを舞台にしたミステリー小説を書き下ろしてください」----編集部から5人の猛者に依頼状を送りました。
『FGOミステリー小説アンソロジー カルデアの事件簿 file.01』では、下記5名の方々が、オリジナルエピソードを書き下ろします!
  
円居挽さん
"ワタモテ大好きツイッターお兄さん"から"FGO大好きツイッターお兄さん"へ華麗なる転身!? FGOイベント「虚月館殺人事件」「惑う鳴鳳荘の考察」シナリオ原案&ノベライズを担当された円居挽さんがもちろん推参!
「「何度も出てきて恥ずかしくないんですか?」と言われてしまえば「はい」としか答えようがないのですが、折角登板の機会を得たというわけで今回は少し変化球を投げてみようと思います。ご期待下さいませ。」
  
青崎有吾さん
ホームズやルパンたち名作キャラ大乱闘ミステリ『アンデッドガール・マーダーファルス』を手がける青崎有吾さんが、ニューヨークを舞台に本格ミステリの伝統「金庫破り」に挑む!
「こんちには青崎です。これを書いてる時点でまだ原稿出せていないので正直コメントどころじゃないよもう! って感じですが、とにかくお声がけいただき光栄です。かんばります。」
  
天祢涼さん
社会派青春ミステリ『希望が死んだ夜に』で飛躍を遂げた天祢涼さんが、積年のFate愛をイシュタル&エレシュキガルに注ぎ込む!
「「遠坂凛が好きだ」「遠坂凛はかわいい」──自分の本の打ち合わせなのに遠坂凛への愛を熱く語ったら、依頼状が送られてきました。イシュタルとエレシュキガルを萌えて......じゃない、燃えて執筆中です!」
  
織守きょうやさん
映画公開も迫る『記憶屋』が人気沸騰の覆面作家・織守きょうやさんが、面目躍如の"記憶"ミステリーをFGOの世界に描出する!
「よそさまのキャラクターで書く、というのは初めてで緊張しましたが、楽しかったです。結果的にほとんどメイヴとマスター(女)の蜜月になりましたが、これ、もしかして百合ミステリというやつでは......?」
  
汀こるものさん
『THANATOSシリーズ』『レベル99シリーズ』の汀こるものさんが描くぐだぐだ組一行が、サバフェス直前のカルデアを御用改める!
「召喚されたからには加減なく、遠慮なく、恥もなく、そして何枚書いてもギャランティに区別なく。苦渋の決断です、わかりますね? 自爆しかありますまい! ※陳宮出ません。」
  
そして、イラストをご担当いただくのは--------なんと!
カエサル、アステリオス、クーフーリンオルタ、サンソン、ランスロット、秦良玉と数多くのサーヴァントのイラストを手がけているしまどりるさんです!
  
  
そんな豪華布陣でお届けする『FGOミステリー小説アンソロジー カルデアの事件簿 file.01』は2020年2月14日発売予定です、ご期待ください。
Amazon等、ネット書店で予約が開始されておりますので、ぜひご注文をお願いいたします。
  
※書店店頭に並び始めるのは、お住まいの地域によって異なります。
  
※本書は『Fate/Grand Order』をそれぞれの作者が自由な発想、解釈に基づき制作したものであり、『Fate/Grand Order』における公式見解を提示するものではございません。固有名詞、人称、能力設定のみTYPE-MOONの監修を得て制作されており、キャラクター設定、舞台設定など『Fate/Grand Order』公式見解との差異が含まれる可能性があります。
  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『FGOミステリー小説アンソロジー カルデアの事件簿 file.01』
原作/TYPE-MOON
著/円居挽、青崎有吾、天祢涼、織守きょうや、汀こるもの
Illustration/しまどりる
  
定価:1500円(税別)
発売日:2020年2月14日
サイズ:B6判
レーベル:星海社FICTIONS
    
Amazonでの予約はこちらから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー