編集部ブログ昼の最前線

2018年10月10日 18:00

『カメラを止めるな!』監督・上田慎一郎さんの小説作品、『ドーナツの穴の向こう側』新装版刊行!

いまだ快進撃を続け、社会現象化している大ヒット映画『カメラを止めるな!』。すでにたくさんの方がご存知かと思いますが、ここにきて海外映画祭での受賞を果たすなど、その勢いはワールドワイドに。

この巨大なムーブメントのなかで、一躍時の人となった『カメラを止めるな!』監督、上田慎一郎さん。

みなさん、上田慎一郎さんの現状唯一の「小説作品」をご存知でしょうか?

そう、それが、『ドーナツの穴の向こう側』です。

IMG_0086.jpg

現在、不可能と言っていいほどに入手が困難になっている本作が、この度、星海社FICTIONSより新装版として刊行となります!

本作をすでにご存知の方で、待ち望んでいた方もいませんか?

なにより僕自身が本作を新装版として読めること、めちゃくちゃうれしいです!

7月7日(土)、池袋シネマ・ロサで『カメラを止めるな!』観劇後、キャスト陣のサプライズ登壇があり、上田さんが会場にいらっしゃいました。多くの方と同様『カメラを止めるな!』にあまりにも衝撃を受け、上田さんに強引に名刺を渡して「小説を書きませんか!」などと突撃してしまいました。上田さん、あの時はすみませんでした! 遅ればせながら、その時に上田さんご本人から『ドーナツの穴の向こう側』という作品を世に出していたことをお聞きしました。

その日、すぐにネットで『ドーナツの穴の向こう側』を購入。

読み終えてすぐにこの気持ちが芽生えました。

「この作品、新装版として出したい」

上田さんに半ばダメ元でメールをしてみたところ、なんとお話を聞いて頂けることに。

それから何度かお話をさせて頂き、いま新装版刊行へ走り出しております!

さて『ドーナツの穴の向こう側』はどんな内容の小説か。

これはまた刊行時にでもブログで書きたいと思いますが、ぜひ上田さんの過去作短編映画を観てみてください。『カメラを止めるな!』も含め、ちょっぴり頼りない男性が出てきたり、作品全体に人に対しての上田さんのやさしい目線が溢れていて、そして観終わったあとに「ちょっとがんばってみようかな」なんていう元気がもらえる作品ばかりです。この雰囲気が、『ドーナツの穴の向こう側』にも間違いなく息づいています。僕はなんだかこの作品に、上田さんの原点を見た気がします。

「恋する小説家」(製作:2011年)

「SOS」(PV)(製作:2014年)

「テイク8」(製作:2015年)

「嬉し涙と悔し涙のまんなか」(製作:2015年)

など、他多数

現在、まさにデザイン進行中。デザインはあの祖父江慎さんのもとで実績を積まれた、鯉沼恵一さん。

装い新たなデザインを、ぜひ楽しみにお待ちください。

IMG_0088.jpg

ちなみに、上田さんが新装版刊行を決めてくれた打ち合わせ時、僕が決定頂いた理由を恐る恐る聞いてみたところ、上田さんは言いました。

「直感です」

まじすか! なんか、すごい! 数々のミラクルを起こし続けている上田さんの「直感」に、僕、ついていきます!!

上田さんと一緒に宣伝していくぞー!!

星海社FICTIONS『ドーナツの穴の向こう側』、2018年11月15日(木)〜刊行予定です。

Amazonでの予約もはじまりました!

みなさん、どうぞよろしくお願い致します!