ノエシス

千夜の章(前編)9

cutlass Illustration/たぬきまくら

我々の後継者はスマホの中にいました———田中ロミオ  累計50万ダウンロード突破のスマートフォンノベルゲームcutlass自ら完全改稿のうえ待望の書籍化。

玄関の扉を開くと家の中はしんと静まりかえっていた。夜の冷たい空気が扉から吹き込み、虚ろに開いた廊下の口へと吸い込まれていく。物音一つしない暗がりの中、靴を脱いでリビングへと向かう。

こよみは、真っ暗なリビングの中でソファーに腰かけていた。

どうやら無事だったみたいで、オレはほっと胸をなで下ろす。

「何だこよみ、そこにいたのか。別れぎわに変なこと言うから、オレすごく心配したんだぞ

ちりちりと、かすかな音が聞こえた。灰皿の上で、写真が一枚燃えていた。

紙の焼ける焦げた臭いが、オレの鼻を刺激する。

こよみは虚ろな瞳で、写真が燃え、くるくると縮むさまを眺めていた。紫とオレンジの炎が糸を引くように立ち上り、こよみの瞳を妖しく躍らせている。

こよみ?」

ずぶ濡れになった身体をバスタオルで拭いながらオレは、ソファーに腰かけるこよみに声をかけた。

返事はない。

様子は変だけど、こよみは無事だった。全身から力が抜ける。

燃えつきたあとも、こよみは写真を眺めつづけていた。暗闇に覆われ、こよみの身体は灰色に染まっていた。

? ただいま」

声をかけても、俯きつづけるこよみ。さすがに様子がオカシイ。

無言のまま動かず、燃えつきた写真を見つめつづけている。

もしかしたら、写真なんて見ていないのかもしれなかった。

顔の正面にたまたま写真があっただけで、きっとその姿勢が、写真を見ているように映るのかもしれない。

抜け殻のように放心しきったこよみは、不気味だった。

いま話しかけるのは、良くないのかもしれない。オレはそう思いなおし、首にかかったバスタオルを洗濯機に放りこむため、リビングをあとにした。

事情は、あとで聞けばいい。

リビングから廊下へ抜けると、オレは手探りで電灯のスイッチを見つける。パチンと乾いた音が響くが、数秒待っても電気は点かなかった。

訝しみながら、オレはパチンパチンとスイッチを押しつづける。

「そう言えば、リビングの中も暗かったし停電でもしてるのかな

家の中の様子がオカシイことは、薄々気づいていた。

意を決して足を踏み出すと、板張りの廊下がぎぃと音を鳴らす。

電気の消えた真っ暗な廊下。その床には、こよみのカバンがうち捨てられていた。

中身が床一面に散乱し、廊下の奥に向かって教科書やシャープペンシル、タオルが点々と転がっている。

どうしたんだろう、こよみは廊下で転んだりでもしたのだろうか?

カバンからはみ出た手帳に、目がとまる。

躊躇しながら引きあげると、表紙イラストのパンダと目があった。何だか後ろ暗い気持ちになりながら、スマートフォンのライトを頼りにページをめくる。

それはこよみの日記帳だった。青いポールペンの、柔らかい文字。それが次第に、黒、赤へと、文字の色が変わり、筆跡ひっせきも乱れていく

『時雨、今日も帰りが遅い。

今までの自分が何だったのか、すごく惨めになる。

どうして私は、こんな男のために料理を作って、待ってなきゃいけないんだろう

日記をめくる速度が速くなる。ドクドクという心臓の鼓動が、やけに大きく頭に響いた。

『時雨はあの人と手を握っていた。

雨に濡れる私を見かけたはずなのに、追いかけもしなかった。

もういい。

こんな人間、もういい。

憂姫ちゃんがひどく、あの男をかばう。

何でかばうの?

かばう価値なんて、あるの?

みんな嫌い。

みんな消えちゃえばいい

硬直する身体、さらに鼓動を速める心臓。それでも、ページをめくる手は止められなかった。

『本気になってた私が、バカみたいだ

いままで死んできた子たち、人選を間違えていると思う。

死ぬのは、あの男だったらいいのに

廊下に立ちすくんだ自分、最後の一行を読み終えると手のひらから手帳がこぼれた。手帳は落下の衝撃で転がり、脱衣所へとつづく廊下のすみで動きを止めた。

脱衣所の奥に目を走らせると、何か白いものが暗闇の中に浮かんでいる。視線が定まり、それが何かがわかるとオレの身体は完全に硬直した。

額に浮かんだ汗が一筋、頰へとたれる。

それは、バラバラに切り刻まれた憂姫の死体だった。腕や足が無造作に投げ捨てられ、恐らく解体場所として使われた浴室には、どす黒い血だまりができていた。

いったい、どうして憂姫は

ッッッ!?」

闇の中に、もう一つの影を感じた。それは冷たい視線をこちらに向け、じっと気配をうかがっている。

「憂姫ちゃんは残念だったよ。でも、そのおかげで自分の中のかせを一つ、はずすことができた気がするんだ

リビングの扉の向こうから、こよみの影が現れる。

手には、赤く発光する包丁が握られていた。ヌラヌラとした妖しい輝きを暗闇の中に反射させ、こよみは冷たくオレを見ていた。

こよみの右手には、赤い指輪がまっている。指輪は不気味に赤く輝き、包丁の直線的なシルエットを浮かび上がらせていた。

オレは情けなく尻餅しりもちをつき、じりじりと後ずさり、こよみから距離をとる。

何とか何とかして、逃げださないと

後ろに伸ばした腕が、冷たくて細い木の枝のようなものに触れた。恐る恐る振りかえれば、それは変わり果てた憂姫の手首だった。

「オマエがやったのかこよみ

こよみはただ無言で、冷たくなった憂姫を見下ろしていた。暗闇の中、鋭い剃刀かみそりが線を引くように、唇が開いた。

「私じゃないって言ったって、どうせ時雨は信じてくれないよね。ずっと疑ってたんでしょ、私のこと

違うっ」

声がうわずった。

言いわけがこよみの耳に届くと、悲しそうに彼女は俯いた。こよみの表情に哀しみの色が増すたび、赤い指輪は強く発光した。

ロウソクの炎がふっと消えるみたいに、こよみの瞳の輝きが失われる。

くすくすくすくす

こよみは、わらった。

「くすふ、ふふくすすす。時雨が私のこと信じてくれないなんて、そんなのわかってるよ。ほら、制服も包丁も、綺麗なままでしょ? でも、こんなの着替えちゃえばいくらだって、ごまかせるもんね。そうだよ、いいんだよ、信じてくれなくったって。もうそんなのどうだっていいよ。ふふ、ふふふふ

悲しげな笑いが、地獄から聞こえる歌のように流れている。淀んだ瞳は徐々に焦点を取り戻し、射るような視線がオレを見つめた。

「もう、やり直すことが、できないなら。大切なものが、他人の手にわたるくらいなら。いっそ自分で

緊張が走った。憎悪が広がり、長くのびるこよみの影が、オレに重なる。

「こ、怖いこと言うなよ、こよみ。オレ、信じてるから

ちっという舌打ちのあと、侮蔑ぶべつの眼差しをこちらに向けるこよみ。

「怖いなんて言われたら浮かばれないよ、こっちは本気なのにさ。もういいよ、もう終わり。話すことなんてない。終わろうよ

こよみは右腕を高く掲げる。嵌まった指輪はこれ以上ないくらいに、輝きを増幅させていた。

「じゃあね時雨。私も、すぐにそっちに行くから

振り下ろされる包丁

オレは、弾かれたように駆けだしていた。

ダンッッッッッッ!!!!

刹那せつな、行く手を遮るように包丁が投げられ、オレの前髪をばっさりと奪う。切れた額から血がこぼれ、左目をチクチクと刺激する。

玄関は、無理だ

オレは急いで方向を変えると、リビングへとその身を投げた。

転がる身体はキャビネットにぶつかり、ようやく停止する。

その衝撃でガラス戸は開き、中に収まったいくつかの小物を床にぶちまける。

かすむ両目の先に、壊れたオルゴールが映った。

中に収められていたはずの写真は抜き取られ、オルゴールの残骸だけが残っている。

先刻こよみが燃やしていたものは、あの写真だったのだろうか

こよみの手で焼かれた、子供のころの記憶。

ぎぃ

床がきしむ。

振りかえると、こよみが後ろに立っていた。玄関に刺さった包丁は、いつの間にかこよみの手に戻っている。ゆっくりとオレに近づく、こよみの影。

手が震え、起きあがることはできない。

自分の心に諦めの色が広がったそのとき、小さい金属音が響いた。

んで?」

壊れたはずのオルゴールが、落下の衝撃で回転を始める。小さく、懐かしいメロディーが、遠い記憶を呼び起こす。

三人とも子供だったあのころ将来の不安や、諦めなんて何もなかった、懐かしい記憶がよみがえる。

ッッッッ!!!!」

こよみは顔を歪めていた。胸の底を、懐かしさと寂しさが覆っていく。

「嫌だよ。思い出だけが、いつもいつも私を苦しめる。私私は

ちゃりんと乾いた音が響き、彼女の右手から指輪が落ちた。包丁は握りしめたままなのに、いったいどうやって

暗いリビングの中、荒い呼吸が響く。

「いつか言わなきゃって思ってた

そう、こよみは憔悴しょうすいしきった表情で切り出す。

「でも、時雨がこのことを知ったら、きっと巻きこんでしまうだろうから。だから黙ってた。自殺事件のこと、時雨の耳に入らないようにしてたの、私だったんだよ。迷惑かけたくなかったからね」

「なあこよみ、オレは

「いいの、言わないで時雨。色んなことに負けたの、私は。そして、自分の気持ちに、正直になることすらできなかった。だからかな、こんなに悲しいのは」

「何が言いたいんだよ、こよみ」

「あっ。時雨の口癖が出た、最近あんまりソレ言わなかったよね? そう、千夜先輩に会ってから。昔に戻ったみたいで、少しうれしいよ。私がいったい、何を言いたいかって? それはね

お別れだよ

そう、こよみの唇は動いた。

くすりと微笑むこよみが、強く包丁を握り直す。ゆっくりと腕が動き、禍々まがまがしい輝きがオレの喉元を捉えたすると

ガシャンッッッッ!!!!

衝撃とともにリビングの窓ガラスが割れ、人影がもう一つ、躍り出る。

雨に濡れた黒髪をなびかせ、その人物はオレとこよみとの間に割ってはいる。赤い瞳と長い髪、現れたのは千夜先輩だった。

「ごめんなさい、時雨君。少しばかり交代に、手間取ってしまったの

しゅるりと先輩はカバンから銀色に輝くナイフを引きぬき、こよみの眼前に突きつける。千夜先輩の顔を見つめるこよみの瞳の奥には、暗い憎しみの炎が宿っていた。

「今ならまだ引き返せる。早まった真似はやめなさい」

まずいと思った。どうして、先輩とこよみが戦わなきゃいけないんだ。じりじりと間合いを詰める二人を横目に、オレはどうにかして止める方法を考える。

重苦しい沈黙のまま、先輩は一歩、また一歩とこよみに近づいた。オレは身体をひるがえすと、キッチンに走った。壁に備えつけられた消火器を手に取り、思い切りあたりにぶちまける。

瞬時にあたりは白い噴煙ふんえんで包まれ、オレは二人の影を見失った。

けほっけほっ。派手にやらかしてくれるわね、時雨君」

咳き込みながら、千夜先輩が消火剤から這い出し、イラついた表情をこちらに向ける。

ダメだ先輩、喋ったらこよみに居場所が

ッッッ!?」

間髪いれずに白煙の中から、影が飛び出した。右手に包丁をかまえた、こよみだった。その姿はみるみる大きくなり、千夜先輩に接近していく。

銀色の塊が先輩の頭上に振りおろされる

キィンと、鋭い金属音と火花が飛び散った。

大丈夫、先輩は無事だ。こよみの包丁は、先輩をかばうため伸ばした消火器を突き破ったところで、停止していた。

びりびりとした衝撃が伝わり、オレの腕はしびれた。

ぽたぽたと、血のしずくが腕を伝わる。消火器をつらぬいた包丁の切っ先は、ぱっくりとオレの左手を引き裂いていた。

足下に広がる血だまり。

こよみはそんなオレの姿を見ると、瞳孔どうこうをすぼめた。

「何。何で時雨はそんな女選ぶんだよ

虚ろな瞳でそう呟くと、こよみは白煙の奥へと消えていった。

数秒間の沈黙のあと、オレはようやく消火器をおろす。

「どこに行ったんだ?」

夜風が割れた窓から吹き込み、視界を徐々に取り戻させる。白煙の流れたリビングに、こよみの姿はなかった。

疲労感がどっとあふれ出る。オレは悪戯な感傷に浸り、こよみを止めることのできなかった自分を恨んだ。

鎖のように、罪悪感が心を締め付ける。その重圧に、オレは

「追わなきゃ

気づくとオレは、走りだしていた。雨はいつの間にかやんでいて、夜の街をふかい霧がつつんでいる。

乾き始めたアスファルトを踏みつけ、オレは夜霧の中に駆けだした。

***

こよみの姿は、どこにも見当たらなかった。

今日と言う日はもう、数時間しか残っていない。そんな焦りといら立ちが、胸を焦がしていく。

肩で呼吸を繰り返すオレの肩を千夜先輩は強引に摑んで、停止させる。立ち止まったのは、小さな公園の片隅だった。

先輩はハンカチを取りだすと傷口に押しあて、きつく縛る。直後にじわりと、ハンカチに血がにじんだ。

「バカッッッ!! あなた大バカよッッッ!! どうしていつも私をかばって、ケガをするのよっ!?」

そんなん、ドMだからに決まってんだろ。言わせんなよ」

包丁が掠っただけだ、大したケガじゃない。止血しようと力をこめる先輩の手を、オレは振りはらった。

「なあ、先輩。自分の番だって、こよみは言っていた。でも、それは変だ。オレはこよみのことを、犯人だと疑っていた。犯人なら殺されなきゃいけない理由なんてないし、そもそも憂姫は。 ああ、ちくしょう。わけわかんなくて、頭がオカシクなりそうだ。これが夢なら、早く覚めて欲しい」

先輩は何も答えず、ばつが悪そうに俯いていた。

「なあ先輩、この前も六人目が学校にいるのはオカシイとか、変なこと言っていたよな。どこまで知っていたんだ

「それは

言いよどむ先輩。

「ごめんなさい知らなかったの

噓だと思った。先輩はきっと、噓を吐いている。心の中に、黒いインクが一粒落ちた。その黒は少しずつ波打ち、オレの内側を灰色に染めていく。

長い沈黙のあと、先輩は嚙みしめるように言葉を紡いだ。

「ねえ、時雨君。あなたも私に隠していること、あるんじゃない?」

ねーよ」

「こよみさんの包丁は、確かに私に突き刺さる軌道きどうだった。六人目の子の爆発のときも、そう。時雨君の位置からじゃ、かばうなんて間にあわないはずなのよ。でもあなたは私を助けた

オレは吐き捨てるように呟く。

「奇跡でも、起こったんだろ」

「いいえ、あなたは奇跡を起こす力を持っている。でも、それだけじゃない。あなたは力を持ってしまったがゆえに、見てはいけないものも見えてしまうようになった

オレは静かに、首を振る。

「だから、買いかぶりすぎだよ。そんなの、全部先輩の妄想じゃないか」

「私と最初に出会ったとき、時雨君はずいぶん息が荒かった。あのときは、あなたが何をしていたのかわからなかったけど、この事件の終末に携わってようやく理解したわ」

薄暗い闇のなか、街灯に照らされた先輩の影が、長く延びる。

「あなたやっぱり見えるんでしょう?」

オレは、逃げだしていた。

クソッ!! クソッ!! クソッ!!

先輩が、怖い。

ずっと隠し続けてきた秘密を、彼女はもしかしたら

後ろから、先輩の声が響いた。投げかけられた全ての言葉を無視して、オレは走り続ける。

ああでも、これじゃあ。さっきまでのこよみと、一緒じゃないか

捜さなきゃ。

こよみを、捜さなきゃ。今の自分を理解してくれるのは、きっとアイツしかいない。

オレは歯を食いしばりながら、荒い呼吸で走り続ける。

こよみを見つけられたところで、憂姫や自殺事件のことを、どうやって切り出せばいいのだろうか。関係は壊れたままだ、もうやり直すことなんてできないだろう。

それでもオレの足は止まらず、ただ、走り続けた。

***

カンカンカンカン

けたたましく鳴り響く踏み切りの警鐘。遮断機がゆっくりと降下し、オレの行く手を遮る。

急ぐ足を止められたオレは、舌打ちをしながら電車が通り過ぎるのを待っていた。

下りきった遮断機の向こうに、何かがうごめく。

?」

甲高いサイレンが響いている。

目に映るのは、黒々とした蠢く人影。それが何なのかは、自分でもよくわからなかった。

もう片方の遮断機も、下りた。

ああ、今度ははっきり見える。黒い影は起き上がるように上方へと伸び、伸びた二本の腕と、足。そして、異様に長い頭が胴体に据えられていた。

ニタニタと気味悪く笑う、化け物。

『オイデオイデ

不気味な影が、ゆっくりと手招きする。いくつもの棒を組み合わせたような、不格好な腕。軋むようにカタカタと動き、オレを誘う。

自分の顔は、これ以上ないくらい青ざめていたと思う。

異様に重い空気と、心を押しつぶすようなサイレンに包まれ、オレはただ、恐怖で顔を引きつらせていた。

まるで金縛りにあったみたいに、身体はピクリとも動かない。しかし足は。足だけは

『オイデオイデ

ヤツが手招きするたびに、一歩ずつ踏み切りに向かって歩み始める。

止まれッ!!

お願いだ止まってくれッ!!

カンカンカンカン。鳴り続けるサイレン。それに合わせて、大量にかいた汗が頰を滝のように流れ落ちる。足はまだ動き続けていた。そう、これは自分が一番恐れていたことだ。そして、いつかこんな日が訪れるのではないかと、予感してもいた。

影が見える。見えない糸で身体を縛られたように、ヤツの手招きに合わせて足が動く。

『オイデオイデ

瞬きするたびに、轢断れきだんされ、散乱した肉塊が頭に浮かぶ。オレの、将来の姿だ。

ぴとりと冷たい遮断機が胴に当たり、今度は動かないはずの右腕がするすると伸びて、それを押し上げる。

ああ、もう終わりだ。憂姫はバラバラにされて殺されて、こよみは姿を消した。もしかしたらこよみは、自殺事件にも関わっていたのかもしれない。ここで生き延びても、きっと平穏な日々は戻ってこない。

なら、もうここで、いっそ

諦めとも後悔ともつかない感情が押し寄せ、恐怖という疲労に耐えきれなくなった理性が、徐々に崩壊していく。気がつくとオレは、自らの手で遮断機を押しあげていた。

もうこれで自分と線路とを遮るものは何もない

『オイデオイデ

影が不気味に、表情を歪ませる。それは新しい仲間が加わる喜びを表していたのか、口もとがひどくつりあがっているように見えた。オレもぴくぴくと頰の筋肉を痙攣けいれんさせながら、それに応える。

たくさんの腕に摑まれ、引っ張りこまれるように足が、持ちあがる

時雨君、止まりなさいっ!!」

背中に怒声が響くのと同時に、オレは腕を摑まれた。そのまますごい力で踏み切りから引きずり出される。

そこには、緊迫した表情の千夜先輩が立っていた。

「いったい何を見たの

オレは千夜先輩の顔を見ることが、できなかった。疲れた心が、惰性だせいのまま奈落へと落ちようとしていた。

パシンッ!! 先輩の平手が、頰を叩いた。虚ろに生を諦めていたオレの瞳がその一撃で、ふっと我にかえる。

「いい加減に冷静になって

声を絞り出し、千夜先輩はオレの胸に顔を埋めた。彼女の両手が肩にかかり、強くオレを抱きしめた。静かな嗚咽おえつが、鳴り響くサイレンの隙間から心に沈みこんでいく。

「千夜先輩何で泣いているんだ

先輩の頰を、生暖かい滴が伝っていた。気の強い彼女が見せる、一瞬の弱さ。それがなぜだかすごく希薄なものに思えて、抱きしめるのにひどく、躊躇した。先輩の腰に回した腕からは、夜風に吹かれて冷え切った体温が伝わってくる。

「私をおいていくのかと思った。変よね。私は、死にたがってばかりいたのに。でも、嫌なの。自分が大切だと気づいた人は、いつもいつも私をおいていこうとする。それが、すごく悔しいの

先輩の言葉が、鋭く胸につき刺さる。先輩が小さく思えた。このまま消えてしまうのではないかと不安になるくらい、小さく。

「自殺するヤツ止めるつもりないんだろ?」

「違うわ。それは、どうでもいい人にだけ。あなたは、私の家畜でしょう? 刹那せつな的な衝動で、勝手にいなくならないで。ふふ、家畜に好きなんて感情抱くなんてね」

こぼれた涙を、オレはそっと指ですくい取る。

「らしくないぞ、先輩。血迷ったのかよ、好きだなんて冗談、言うなんて」

「私は好きでもない人に、好きだなんて言わないわ

虚勢を取り戻したオレの表情に安堵したのか、先輩は頰を染めながら俯く。だからオレは思い切り先輩を抱き寄せた。華奢な先輩の身体がびくりと震え、おずおずとすがるようにその手を背中に回した。彼女の呼吸が、胸の中で聞こえる。

「時雨君。あのねその。ありがとう

最後のお礼の言葉は、消え入りそうなほど小さい。俯く先輩の顔が、耳までまっ赤になっているのがわかった。

カンカンカンカン

赤と黒の点滅が、オレと先輩を現実へと引き戻した。遮断機はまだ閉じたままで、狂ったように鐘を打ち鳴らしている。

「この踏み切りいくら何でも長すぎない?」

ああ。心の中で、オレはため息を漏らした。先輩のその言葉で、すべてがまだ終わっていないことを悟る。だってあの踏み切りには

「そういえば、さっきはいったい何を見ていたの? ねえ時雨君、聞いてる?」

先輩見てはいけないんだ

「この踏み切りの向こうに、いったい何があったの? まさか

お願いだ先輩。オレの祈りも虚しく、先輩はゆっくりと視線を移した。

そう踏み切りのその真ん中へ

っ!?」

先輩は短く悲鳴を上げる。

人が!?」

人? 先輩は、何を言っているんだろうか。あれはどう見ても、人なんかでは。胸騒ぎがした。とても悪い予感が、頭の中を渦巻く。

カンカンカンカン

赤く点滅する光に照らされて、踏み切りの中央にはこよみの影が延びていた

「こ、よみどうして?」

寒気がした。目を閉じることも、足を動かし救い出すこともできずに、オレはただこよみの冷たい視線をその身に受けていた。赤く光る信号機の光が、こよみの表情を一秒ずつ変えていく。それは影でできた怨嗟えんさの念のように、オレの心に爪を立てて、えぐる。

ダヨ

踏み切りの中に立つこよみ、その唇がかすかに動く。

虚ろな瞳はどろりと溶けていて、こちらを力なく眺めていた。彼女は何かを呟いているが、踏み切りのサイレンに搔き消されて聞こえない。

こよみの唇の動きにそろえて、口を動かす。

シネバイインダヨ

『オマエラナンカシネバ

憎しみの言葉を投げかけ続けたまま、こよみは電車に撥ね飛ばされた。赤い血の柱が上がり、凄絶せいぜつな光景がオレの頭を揺すった。ぱくぱくと金魚みたいに口を開閉しながら、オレは手を伸ばす。弾けたボールみたいに民家の壁にバウンドする、こよみの頭。

凄惨な状況が飲みこめたとき、オレは先輩を突き飛ばし、悲鳴を上げながら逃げ出した。