ここから本文です。

フェノメノ

フェノメノ 陸 美鶴木夜石は微笑まない

カテゴリ
星海社FICTIONS
著者
一肇 Illustration 安倍吉俊
定価
1,500円(税別)
ISBN
978-4-06-139912-9
発売日
2015年06月15日 発売
サイズ
B6判

Amazonで購入

俺は、何かを忘れている。

いや、誰かを忘れている。

無二の“戦友”たる夜石の記憶と存在を封印されたナギ。人から人へと憑き渡り、計算し尽くされた純粋な悪意によって人の負の感情を増幅する最悪の怪物、「常世石」のおぞましき企みを暴き、ナギはもう一度夜石を取り戻すことはできるのか──!? 今、ナギと夜石の最後の異界探索が始まる!

一肇×安倍吉俊のタッグが描き出す、極上の青春怪談小説、ついに大団円!

詳細

フェノメノ 伍 ナニモナイ人間

カテゴリ
星海社FICTIONS
著者
一肇 Illustration 安倍吉俊
定価
1,350円(税別)
ISBN
978-4-06-138895-6
発売日
2014年06月12日 発売
サイズ
B6判

Amazonで購入

「あの家族は、このまま幸せに八月を迎えることはできないんだ。今から二週間ほど後──七月三十一日に、みんなみんな死んでしまうんだよ」──後に表向き『首吊(くびつ)り館(やかた)一家惨殺(ざんさつ)事件』と呼ばれることになる奇妙な事件の裏側に潜む「真犯人」を、「己」は見つけ出すことはできるのか!?

一肇(にのまえはじめ)×安倍吉俊(あべよしとし)のタッグが描き出す、極上の青春怪談(ホラー)小説、ようこそ、こちら側の世界へ。

詳細

フェノメノ 肆 四回廊事件

カテゴリ
星海社FICTIONS
著者
一肇 Illustration 安倍吉俊
定価
1,250円(税別)
ISBN
978-4-06-138882-6
発売日
2013年11月14日 発売
サイズ
B6判

Amazonで購入

「一度、『深淵』を覗いたものを救うことなどできないの」

——美鶴木夜石を、まともな女子高生にする。 そんな決意も新たに夜石との同棲生活を始めたナギだったが、ふとした弾みで出会った心霊写真売りの小学生の女の子・七森赤音から売りつけられた“とっておき”の写真が、二人の暮らしに新たな怪異を呼び寄せる——!

一肇×安倍吉俊のタッグが描き出す、いま最も恐怖と感動を呼ぶ青春怪談小説、急展開!

詳細

フェノメノ 参 収縮ファフロツキーズ

カテゴリ
星海社FICTIONS
著者
一 肇 Illustration 安倍吉俊
定価
1,150円(税別)
ISBN
978-4-06-138861-1
発売日
2013年04月15日 発売
サイズ
B6判

Amazonで購入

「人は、悪意の塊(かたまり)なの」

かつて皇鳴学園中に「読めば死ぬ」忌み語をまき散らし、学園から消失した彼岸と対峙する少女、篁亜矢名。彼女の存在に魅入られた五年前の日々を回想するオカルトサイト管理人・クリシュナさんが語る亜矢名に、美鶴木夜石の闇色の目は妖しく輝く。それが、夜石の失踪事件の始まりだった――!

一 肇 ×安倍吉俊のタッグが描き出す、極上の青春怪談小説フェノメノ 参 収縮ファフロツキーズ、〈ファフロツキーズ〉編、ついに完結!

詳細

フェノメノ 弐 融解ファフロツキーズ

カテゴリ
星海社FICTIONS
著者
一肇 Illustration 安倍吉俊
定価
1,200円(税別)
ISBN
978-4-06-138855-0
発売日
2013年2月14日 発売
サイズ
B6判

Amazonで購入

「——間違いない。これからヤバいことが起きる」

「もう、美鶴木夜石とは関わらないこと」

知る人ぞ知る本物のオカルトサイト、『異界ヶ淵』管理人のクリシュナさんの忠告もつかの間、再び俺の前に現れた闇色の瞳の美少女・夜石は呟く。

「なぜ、あの時計はいつも遅れるのかしら」

血の雨が降る皇鳴学園の時計塔、転生する猫、読めば死ぬ呪いの書……。あり得ない場所に、あり得ないものが突如落下してくる武蔵野怪雨現象の最中、皇鳴学園の歪みの果てに「もういるはずのない少女」の影が立ち上がる……!  一肇×安倍吉俊のタッグが描き出す、極上の青春怪談小説!!

詳細

フェノメノ

カテゴリ
星海社FICTIONS
著者
一肇 Illustration 安倍吉俊
定価
1,300円(税別)
ISBN
978-4-06-138829-1
発売日
2012年6月14日 発売
サイズ
B6判

Amazonで購入

「ようこそ、こちら側の世界へ」

夜石に出逢ったやつは七日後に死ぬ。夜石は生きた人間じゃない。夜石が参加したオフ会は恐ろしい結末を迎える― 。 知る人ぞ知るオカルトサイト、『異界ヶ淵』であたかも都市伝説のごとく語られる美少女“美鶴木夜石”に出逢ってしまった「俺」こと“ナギ”。ありとあらゆる怪異を詰め込んだ青春怪談小説を、注目の新鋭・一肇があの安倍吉俊とタッグを組み紡ぎ出す!

詳細



本文はここまでです。