ここから本文です。

大坂将星伝

大坂将星伝(下)

カテゴリ
星海社FICTIONS
著者
仁木英之 Illustration 山田章博
定価
1,400円(税別)
ISBN
978-4-06-138857-4
発売日
2013年03月14日 発売
サイズ
B6判

Amazonで購入

毛利豊前守勝永よ、今こそその“本意”を遂げよ!

芝村裕吏、瞠目! 「明治維新まで見えてくる! 見事な筆技に脱帽です」関ヶ原で西軍は敗れ、石田三成も刑場の露と消えた。しかし、土佐に配流された毛利豊前守勝永の心の奥底で、“志”の炎は燠火の如く燃え続けていた。時は流れ、慶長十九年。徳川家康が戦国の世に幕を引かんと、ついに豊臣家討滅の師を出す時、綺羅星の如き武将たちが今は亡き太閤の城に集う。いざ、戦国最後の大戦──。豊臣家の股肱、毛利豊前守勝永よ、戦場に勇躍し、見事その“本意”を遂げよ! 仁木英之が描く“不屈の戦国絵巻”、ここに堂々完結!

詳細

大坂将星伝(中)

カテゴリ
星海社FICTIONS
著者
仁木英之 Illustration 山田章博
定価
1,300円(税別)
ISBN
978-4-06-138856-7
発売日
2013年2月14日 発売
サイズ
B6判

Amazonで購入

毛利豊前守勝永、関ヶ原にて家康(いえやす)を迎え撃つ──!

『夜は短し歩けよ乙女』『ペンギン・ハイウェイ』の森見登美彦、感服!「ざくざく読める戦国時代! 仁木さん、熱いです!」

大にして、広き国──。大航海時代の世界を見つめた豊臣秀吉の国家構想の元で、朝鮮出兵が始まった。だが、理想とは裏腹に、朝鮮の戦場は泥沼の様相を呈する。そして、夢を果たせぬまま秀吉が薨じたとき、巨魁・徳川家康が蠢動(しゅんどう)し、天下は再び風雲急を告げる。胸に抱くは太閤秀吉の志、道を示すは石田治部少輔三成。毛利豊前守勝永、関ヶ原にて家康を迎え撃つ──! 仁木英之が描く“不屈の戦国絵巻”、擾乱(じょうらん)の第二弾!

詳細

大坂将星伝(上)

カテゴリ
星海社FICTIONS
著者
仁木英之 Illustration 山田章博
定価
1,300円(税別)
ISBN
978-4-06-138849-9
発売日
2013年1月15日 発売
サイズ
B6判

Amazonで購入

戦国の世に“本意”を貫いた男──その名は、毛利豊前守勝永。

『天地明察』『光圀伝』の冲方丁、賞嘆!

「猛り、逆らい、激烈に全うする男の、なんと爽快な書きっぷり」

天下一統が成らんとする戦国末期、豊臣秀吉の側近である黄母衣(きほろ)衆の森家に、一人の男児が誕生した。

──彼の名は、森太郎兵衛。

太郎兵衛は、後藤又兵衛や長宗我部元親、そして立花宗茂など、強き者たちとの出会いを通じて成長し、齢十一にして大名となるのだが……。

“本意”を貫き通し、家康の前に最後まで立ちはだかった漢、毛利豊前守勝永の生涯を描く“不屈の戦国絵巻”ここに堂々のご開帳!

詳細



本文はここまでです。