ここから本文です。

遙か凍土のカナン4 未だ見ぬ楽土

遙か凍土のカナン4 未だ見ぬ楽土

カテゴリ
星海社FICTIONS
著者
芝村裕吏 Illustration しずまよしのり
定価
1,200円(税別)
ISBN
978-4-06-139908-2
発売日
2014年12月15日 発売
サイズ
B6判

Amazonで購入

新田良造元騎兵大尉とコサックの姫君・レナ、そしてユダヤ騎兵グレンは、足かけ一年に渡るユーラシア横断の旅路の末、遂にロシアの地に到達した。 しかし、旅はまだ終わりではない。失脚将軍アレクセイ・クロバトキンの指南を受け、レナの“飼い主”ナボコフ氏に「挨拶」を済ませた良造たちは、シベリア鉄道に乗り、東ヘと向かう。長き鉄路の先に、楽土を築くために……。 舞台はいよいよ、シベリアへ。

芝村裕吏・しずまよしのりのタッグが贈る大陸冒険浪漫譚──建国篇、ここに開幕!

『遙か凍土のカナン』を最前線で読む



本文はここまでです。