ここから本文です。

アリス・エクス・マキナ03 愛惜のシンフォニア

アリス・エクス・マキナ03 愛惜のシンフォニア

カテゴリ
星海社FICTIONS
著者
伊吹契 Illustration 大槍葦人
定価
1,400円(税別)
ISBN
978-4-06-139913-6
発売日
2015年03月12日 発売
サイズ
B6判

Amazonで購入

ロザが、殺人を犯した──。

調律師・朝倉冬治は、永峰あきらの義父・殿村秀臣の殺人と機巧体管理法違反の容疑で逮捕収監され、世間にはアリスに対する批判の嵐が吹き荒れる。

資産家・喜田、探偵・三ツ橋らの尽力で幸いにも釈放される冬治だったが、世間から身を隠すことを余儀なくされ、依然としてロザの行方は知れないままだった。

そんな中、ある女性が冬治への接触を試みる。その女性とは、アリスの開発者・千早響子博士。ロザの行方を知るという彼女の口から語られるのは、アリスの誕生にまつわる、哀しき物語だった……。

幾多の断片は互いに絡み合い、ロザへと収斂する。果たして冬治は、“あきらの心”を救うことができるのか? 頼もしき仲間たちの助けを得て、物語は終幕へとひた走る──。

伊吹契×大槍葦人のタッグが贈る“未来の童話”、ここに完結──。



本文はここまでです。