2019年度、星海社人材募集開始!

「星海社にどんな人に来てもらいたいか?」まず、何よりもたったいま悔しい思いをしている人に来てもらいたいと思います。

「星海社にどんな人に来てもらいたいか?」

まず、何よりもたったいま悔しい思いをしている人に来てもらいたいと思います。企画がどうしても通らない、本当は出版社に行きたかったけどいけなかった、そんな悔しい思いを抱えている人には、ぜひとも星海社の門を叩いてほしいと思います。ありふれた言い回しに聞こえるかもしれませんが、悔しさこそは、まさに飛躍のバネです。今度こそ新天地で飛んでみたいと願う人に真っ先に合流してもらいたいです。

また、星海社では、小説、まんが、新書、単行本、Web、イベントこれらを一手に「編集」できる人を育てています。小説だけをやりたい、まんがだけをやりたい、そういう職人肌一辺倒タイプの人よりはむしろ、「なんでもやってみたい」タイプのグリーディな人を求めています。輝く「才能」をいろいろな切り口から編集し、新しい流れをつくっていくのが、星海社の得意とし、目指すところです。

早いもので、星海社はおかげさまで来年で結成から10年を迎えます。

これまで星海社は創業以来一貫して、デジタル、ペーパー、イベントの三領域を事業の三本柱として力を注いできましたが、デジタル事業、ペーパー事業をきちんと押さえた上で、今後しばらくはイベント事業に大きく力を注いでいきたいと個人的には考えています。日本文化の一翼を担うようなイベントの創出に興味がある方にも、ぜひ面接にいらしてください。

ともに働ける日を楽しみにしています!

星海社代表取締役副社長 太田克史