ここから本文です。

『画展 空の境界』 3月20日(木)〜pixiv Zingaroにて開催決定!

 

■展覧会詳細

『空の境界 the Garden of sinners』ファン、そして武内崇ファンの皆様、お待たせいたしました。
『空の境界』のヴィジュアルをその原点から担い続けてきた武内崇初の個展となる『画展 空の境界』を3月20日よりpixiv Zingaroにて開催いたします。

本展では武内崇が担当イラストレーターとして『空の境界』と共に歩んできた15年間の歴史の中から選りすぐりの作品全19点を一堂に展示いたします。

また、凸版印刷による国内最高峰の複製画技術「プリマグラフィ」にて製作されたすべての展示イラストを武内崇の直筆サイン入りで限定数・先着順にて受注販売いたします。また、これらのプリマグラフィと会場限定販売のタペストリーの購入に関しては当方でご用意いたしました『空の境界』の内容に関するテストの5問中4問以上に正解した方のみに販売させていただきます。
併せて、当会場限定商品となるポストカードやパンフレットの販売も行います。こちらの商品のご購入に関しては数に限りはございますが、テストに回答する必要はございません。

さらに、劇場版『空の境界』を制作したアニメーション制作会社ufotableの運営するufotable Cafeとの連動企画も予定しており、『空の境界』の武内崇の世界を心ゆくまで楽しめる画展となっております。

 

■『空の境界』とは

あらゆるモノの死を視ることのできる力、“直死の魔眼”を持つ少女・両儀式を軸に展開される、現代日本屈指のストーリーテラー・奈須きのこによる伝奇小説。

もともとは1998年秋より、武内崇が主宰するウェブサイト「竹箒」にてweb小説として連載されたものが2001年に同人小説『空の境界』として刊行され人気を博し、2004年に講談社ノベルスとして商業出版を迎えるや否や、一躍各種ランキングでベストセラーを記録し、新伝綺ムーブメントを巻き起こした。
2007年、気鋭のアニメーション制作会社・ufotableによってアニメーション史上前代未聞の全七章・全七部作となる映像化が図られ、単館系のアニメーション作品としては異例の大ヒットを記録した。名実ともにゼロ年代を代表する金字塔的な作品である。

『劇場版 空の境界』公式サイト
http://www.karanokyoukai.com/


■画展 空の境界

http://pixiv-zingaro.jp/exhibition/karanokyokai/

日程:2013年3月20日(木)〜4月1日(火)
12:00 – 19:00 *水曜定休日 初日のみ18:00まで
会場:pixiv Zingaro
入場:無料
企画:星海社pixiv
運営:Kaikai Kiki

© Takashi Takeuchi © Kinoko Nasu
© Kinoko Nasu / Kodansha, Aniplex, Notes, ufotable
© Kinoko Nasu / Seikaisha, Aniplex, Kodansha, Notes, ufotable



本文はここまでです。