ここから本文です。

Sさん

ノートのいろんな箇所にいいなぁと思う着こなしをちょこっとスケッチさせてもらった日々は忘れません という思いで描いた記憶の中のSさん


本文はここまでです。