ここから本文です。

黒い花

古い文庫本を読んでいたら文字が細くて眩しさを感じた。


本文はここまでです。