ここから本文です。

にっきふ

金木犀の木そのものは香りのあとに見つかる。


本文はここまでです。