ここから本文です。

古書店の娘

いろんなお客さんが来るのです


本文はここまでです。