『渋谷/道玄坂で新聞を配る小説家・小柳粒男 二十四歳の地図』 最前線