Top > 作品紹介 > 鬼隠し編

鬼隠し編

圭一を襲う雛見沢連続怪死事件の影

昭和54年6月、雛見沢に惨劇が起きた。
建設中だった雛見沢ダムの現場監督が作業員たちに殺された上、四肢をバラバラに切断されたのだ。犯人たちはすぐに自首したが、主犯格の男だけは現場監督の右腕と共に行方不明。ついに発見されることはなかった。
以来、雛見沢では毎年6月に一人が死んで一人が消えるという「雛見沢連続怪死事件」が発生するようになる。雛見沢の人々は、これを土地の守り神「オヤシロさま」の祟りと呼んで恐れた。

昭和58年初夏——都会からこの地へ引っ越してきた前原圭一は、平和な毎日の中でダム現場の惨劇と「オヤシロさまの祟り」の存在を知る。雛見沢の暗部に興味を持った圭一に対し、人々は一様に口を閉ざすのだった。
そして6月。「綿流し」の祭りの夜にそれは起こる。
雛見沢連続怪死事件の影が、圭一を徐々に呑み込もうとしていた……。

  • スクリーン上で読める!第1巻「鬼隠し編」公開中
  • ひぐらしのなく頃に スペシャルコラム
登場人物相関図 前原圭一 竜宮レナ 園崎魅音 古手梨花 北条沙都子 大石蔵人(刑事)

刊行情報

詳細へ
「皆殺し編(下)」
amazon.co.jp
「祭囃し編(上)」
amazon.co.jp
「祭囃し編(中)」
amazon.co.jp
「祭囃し編(下)」
amazon.co.jp
  • ひぐらしのなく頃に スペシャルコラム
  • 竜騎士07メッセージ
  • ひぐらしのなく頃にの情熱的なレビューが読める! 史上最強の読者コーナー! さやわかのレビュアー騎士団