ここから本文です。

手のひらの露

手のひらの露 3

カテゴリ
星海社FICTIONS
著者
shachi Illustration pikomaro
定価
1.350円(税別)
ISBN
978-4-06-139939-6
発売日
2016年04月15日 発売
サイズ
B6判

Amazonで購入

トレーダーの兄・手代木譲は、因縁の相手・熊谷の罠にはまり、手持ち資産の過半を失った。 いっぽう、兄が過去に犯した罪を知り、法律家の道を志すようになった主人公・菊宮優吾は、法科大学院の受験勉強に励んでいた。

季節は移ろい、優吾の進路上には、京都を離れるという選択肢が浮かびはじめる。 そして、手痛い敗戦に沈んでいた手代木も、優吾の友人たちの助力を得て、熊谷への逆襲を試みようとしていた……。

人生に一度だけ訪れる特別な季節を描いた、露のように儚く美しい京都青春譚、これにて終幕──。

詳細

手のひらの露 2

カテゴリ
星海社FICTIONS
著者
shachi Illustration pikomaro
定価
1,300円(税別)
ISBN
978-4-06-139927-3
発売日
2015年11月12日 発売
サイズ
B6判

Amazonで購入

凄腕トレーダーの兄・手代木譲とともに京都で暮らす大学生の菊宮優吾は、半年ぶりに姿を見せた京都府警の刑事・田所から、手代木がかつて逮捕され、服役していたことを告げられる。

手代木の手法が、法に抵触するギリギリの行為であることを知らされ、尊敬する兄の仕事に対し、複雑な思いを募らせる優吾。

焦燥と苦悩の果てに、自らの歩むべき道を優吾が見出したその時、手代木は、因縁の相手・熊谷が仕掛けた巧妙な罠に、今まさに絡め取られようとしていた……。

移ろいゆく京の四季を借景に描かれる、露のように儚く美しい京都青春譚、待望の第二幕──。

詳細

手のひらの露 1

カテゴリ
星海社FICTIONS
著者
shachi Illustration pikomaro
定価
1,250円(税別)
ISBN
978-4-06-139922-8
発売日
2015年08月17日 発売
サイズ
B6判

Amazonで購入

先輩から借りたノートパソコンを無くし、四〇〇万円という大金を要求された糺ノ杜(ただすのもり)大学の一回生・菊宮優吾。切羽詰まった優吾は、一〇年ぶりに血の繋がらない兄・手代木譲を訪ね、それをきっかけに二人は共に暮らすことになる。たぐいまれな記憶力を持つものの、平凡な大学生の弟。伝説的なトレーダーだが、世間からは引きこもっている兄。 再び交わった二人の道行きは、数々の事件を巻き起こし、事態は手代木の隠された過去すらも掘り起こしていく……。

京都の四季を背景に、露のように儚く美しい、人生最良のひとときが幕を開ける。大型新人、デビュー。

詳細



本文はここまでです。