ここから本文です。

牢獄のセプテット 01

牢獄のセプテット 01

カテゴリ
星海社FICTIONS
著者
伊吹契 Illustration
定価
1,350円(税別)
ISBN
978-4-06-139933-4
発売日
2016年01月15日 発売
サイズ
B6判

Amazonで購入

時に、一九〇九年──。

帝都・東京にて探偵業を営む碓氷玲人郎は、唐突に陸軍省から呼び出しを受ける。

市谷に出頭した玲人郎に、元老・山縣有朋が告げたのは、この世界には限られた貴種が有する"旋律"なる超常の力があり、今のこの世、つまり列強がしのぎを削る帝国主義時代は"旋律"の力で駆動しているという驚くべき事実だった──!

“旋律”を聴き取る特殊体質を持つ玲人郎に命じられたのは、フランス共和国内に割拠する閉鎖都市・バスティーユに潜入し、八種類もの“旋律”を有するかの国に関する情報を収集すること。

拒否権はない。ただし、バスティーユ国内にいるであろう、玲人郎の父を殺した女・外崎燈子はいかようにしてもよい……。

探偵は日本刀を帯び、同盟国・イギリスの暢気なエージェント・元村アリサとともに、海路バスティーユを目指す──。

いま、フランス革命が起きなかった世界に、近代の嵐が吹き荒れる。

伊吹契×吟が奏でる絢爛の哀歌劇、ここに開幕!



本文はここまでです。